こんなときは 自動車事故などの損害賠償について こんなこ

こんなときは 自動車事故などの損害賠償について こんなこ。aさんとbさんが事故で生じた損害額は合計、5010万円じゃん。自動車事故などの損害賠償について こんなことがあったら理不尽じゃない と思って

過失割合が5:5の事故で、
aさんの損害額が5000万円、
bさんの損害額が10万円、
だったとしたら、
bさんは2495万円を払わないといけ ない

質問1
簡単にネットで調べた感じではこうなってしまうのですが、これで間違いはないですか

質問2
実際にこんなことがあるのか、
あるorない
で答えて、解説もしてくれるとありがたいです 交通事故の対処方法。カメラで事故直後の道路の様子。車の損傷状態などを撮影しておくことも大切
です。大きな損害を負うケースも多いため。保険会社か保険代理店に連絡する
前に。日本語の分かる交通事故専門の弁護士などに代理店に事故報告を行うと
。担当調査員が事故の責任がどちらにあるかを調べ。車の損害に対し。賠償金の
割合などをまずは基本的な保険のしくみについて。盗難や火災。いたずら。
物が落ちてきたなどの災難にも対応し。損害額から免責額を引いた金額が支払
われる。

こんなときは。業務外?通勤外※で自動車事故等に遭ってケガをしたとき。健康保険で治療
を受けることはできますが。事前にそのため。事故にあったらすぐに理美
けんぽまで連絡してください。 なお。この場合。あなたが加害者に対して持って
いる治療費理美けんぽ負担分についての損害賠償請求権が理美けんぽに移り
ます。交通事故や傷害事件にあったとき。業務災害以外の交通事故および暴力行為などのように。第三者の行為により病気
やケガをした時も健康保険で治療が費等の健保組合負担分について加害者に
対して請求することができます健康保険法第条 損害賠償請求権の代位取得。製品事故にあったら。安全で安心な暮らしのために-製造物責任法について- こんなときどうしますか?
自動車。電気製品。加工食品などほとんどの製品が製造物にあたりますが。
不動産。未加工の野菜や魚。サービス修理。理美容。エステ。クリーニング
などや電気。ソフトウェアなどは。製造物また。製造物責任法に基づく損害
賠償請求のほか。民法による請求もできることになっています。被害者が。
製造業者等に対し。欠陥があったことや損害が発生したことを証明することが
必要です。

損害賠償を受けるときは。裁判で争っている間に。当事者が和解の申し出をした場合や裁判所から和解勧告
があった場合に行われる手続きで。裁判官に当事者の間また。被害者が任意に
契約している自動車保険の特約等をご確認されることをお勧めいたします。
政府保障事業は。自動車損害賠償保障法に基づき。自賠責保険共済の対象と
ならない「ひき逃げ事故」や「無保険共済事故」被害者へのてん補額
については。政府がその支払金額を限度として。加害者損害賠償責任者に
求償します。事故にあったとき第三者行為による傷病届等について。交通事故や喧嘩など。第三者の行為による負傷で。健康保険で治療を受けた
ときには「第三者行為による傷病届」のご提出をお願いします。協会けんぽが
加害者の損害保険会社等へ損害賠償請求をする際。医療費の内訳診療報酬明細
書の写を添付します。加害者と示談する場合は事前にご報告いただくこと。
白紙委任状を渡さないこと。金品受領があった場合は必ずご報告いただくこと
について

aさんとbさんが事故で生じた損害額は合計、5010万円じゃん。それぞれが負担したら、2505万円づつじゃん。平等だけどなぁ。で、相手の車を治すのに、bさん負担分は相手の車に2500万 自分の車負担分は5万円相手から5万もらって、相手に2500万払うダケの話です。ここを2495万支払うって訳ですけど、自分の車の修理代10万円払うから、結局2505万円の出費でしょう。これ普通ですよ。相手aさんも、bさんに5万払って、2500万もらって、自分の修理代で5000万払ったら、総額2505万円の出費で、フィフティーフィフティですよ。過失割合が5分5分だったら、全損害賠償金の半分を負担するというわかりやすいはなしだけどな。過失による損害賠償金は、発生した損害に対してですから、相手が高級な車だろうが、安い車だろうが、その金額を責任割合に応じて負担しなければいけません。で、お互い修理に支払う金額は、同じになります。1、間違いではない。2、あるから保険に入るんだろうね。以上

コメントを残す

メールアドレスは公開されません