カリフォルニア対決 サンフランシスコって世界一住みやすい

カリフォルニア対決 サンフランシスコって世界一住みやすい。サンフランシスコ在住です。サンフランシスコって世界一住みやすい都市ですかね 最近はある程度の所得以上でないと住めなくなっているようですので
住人のレベルもそこそこだし、気候もよく、雨も少ない

年間の気温差が10度ぐらいでしたよねサンフランシスコ
雨も年間に10日前後しか降らない
日本みたいに冬は関東でも10度に届かない日が多く
夏になれば30度超え、最近は地球温暖化なども加わり35度以上が連発
実に年間の気温差が最大30度近く、最低気温と最高気温差をあわせれば
関東は冬なら0度を下回る時もあるので年間気温差は38度ぐらいあるわけですね 北海道とか北東北にいたれば
冬は最高気温でも0度とどかなかったりするのに夏は30度以上もかなりありますからね、
6月中旬~7月中旬や9月下旬あたりは雨ばかりだし

その上、そこそこの都会で不便もなし、景観も綺麗
行った事はありますが、またてきには函館ににてますが
函館と違い冬もそんなに寒くない、低所得者層がほぼいない、
雨もほとんど降らない、都会度でいえば神戸ぐらいでちょうど良い

個人的に欧米の都市は16,7か所いってきましたが

サンフランシスコとウイーンがよかったですね 全米で住みやすい街ベスト10。日本人にとって。アメリカで住むにあたって治安の良さや住みやすさはとても
大切です。アメリカは日本の何倍。何十倍も広い国土を保有していますが。
その中で。一番住みやすいと言われている街を同率 ,
社の調べによると。ニューヨークは最も歩いて暮らしやすい街だ
そうです。また地下鉄も発展しており。日本と同様に車を持たずに生活できる
アメリカでは珍しい都市です。アメリカで一番多い瞳の色って何色?

住宅費が高すぎて都市から住民が離れていくサンフランシスコの。アメリカ西海岸にあるサンフランシスコや近郊の都市を含めたサンフランシスコ
?ベイエリアは。世界でも有数のハイテク多くの人々が住んでいるものの。
あまりにも高すぎる住宅費が生活を圧迫し。住民たちが離れていく現状がある
そうです。トリップ夫妻はおよそ年以上にわたって住みやすい家を探し続け
たものの。「改装が必要な狭い掘っ立て小屋自分が住んでいる都市の生活費が
安いか高いかを世界中の都市と比較できる「 」 -四季別サンフランシスコの天気や気温と服装情報をご紹介。今回は。年を通して過ごしやすいサンフランシスコの天気や気温の特徴と。現地
での服装を四季別でご紹介します。実は。アメリカには日本のような四季が
ないことをご存知ですか?特にサンフランシスコは。アメリカ国内で住みやすい
都市の一つに数えられるほど。年を通して過ごしやすい気温と天候が特徴
サンフランシスコの人気観光スポットにして。その昔「世界で最も脱獄の難しい
刑務所」といわれたアルカトラズ島ハワイ旅行っていくらかかるの?

H。サンフランシスコは。海に囲まれた人口約80万人のアメリカ西海岸を代表する
大都市のひとつ。自由の国アメリカを象徴する様にリベラルな思想を持った人
が多く暮らしており。ヒッピー文化の発祥地であったり。世界最大級の同性愛者
の広大な土地と美しい自然が自慢のカリフォルニアですが。サンフランシスコ
はさらに都会的な要素が加わり。自然と都会ず。春や秋は暖かい。といった
ように日本の様にはっきりとした四季はなく。年間を通して過ごしやすい気候
として知サンフランシスコでの生活がいかに高いかが分かる。世界のテクノロジーの中心とも言われるシリコンバレーへの近さが。この街を
アメリカで最も裕福な都市のつにしている。しかし。それがベイだが。中に
はもう少し安い家もある —— 平方フィート約平方メートルの年季の
入った家が最近。万ドルで売れた。テック界の大物やスタートアップの創業
者ですら。住宅価格の高騰で家を探すのに苦労している 丘の上人家族が食べ
ていくには。年に万ドルが必要で。月にして万ドルだ。

リアルアメリカ物価ランキング。そこで。今回は。生活費の比較ということで。アメリカの主要都市都市の
物価ランキングをお伝えしたいて良いかもしれませんが。必ずしも物価の
高い?安いで街の良し悪しを決められないところではあります。 1位
サンフランシスコカリフォルニア州; 2位ニューヨークニューヨーク州;
3位サンノゼは世界のとして昔から有名ですので。このコストは
分かる気がします。アメリカでイチローより有名な日本人はご存じですか?徹底解説サンフランシスコの生活ガイド。カリフォルニア州北部では。ロサンゼルスの次に人口約万人が多く。
アメリカ西海岸を代表する大都市サンフランシスコは。アメリカ合衆国西部の
太平洋に面した都市です。アメリカの中でも有数の経済規模で。世界の流行の
中心地でもあることからアート。グルメ。ファッション。アメリカは変圧器っ
て必要?日本とサンフランシスコの平均的な生活費はヶ月で約万円
サンフランシスコの治安は全米で比較的良く。住みやすいと言われます。

カリフォルニア対決。ロサンゼルスとサンフランシスコってどう違うの?旅行先としては?留学先
としては?住みやすいのはどっち?同じカリフォルニア州でも全然違うこの二
つの都市を。徹底比較します!これを読めばカリフォルニアはアメリカ西海岸
の1つの州ですが。実は日本より大きいんです!最近ではサンフランシスコの
霧は「 霧のカール君」と名付けられたらしい。 +点。てか
ワッフルとチキンって合うのかな?ナパは「世界のナパ」ですわな。サンフランシスコって世界一住みやすい都市ですかね。いずれかを含む。サンフランシスコって世界一住みやすい都市ですかね 最近は

サンフランシスコ在住です。アメリカの他の都市に移住も考えますが、日本人主婦からみるとここより住みやすい所は思いつかないので15年以上住んでいます。ダウンタウンのホームレス問題は深刻ですが、すごく狭い地域なので実際にサンフランシスコで生活しているとその地域に行く事自体はあまりないんです。観光で来る方には1番目につく場所ですね。ダウンタウンにはシェルター、SROやサポートする非営利団体が多いのでホームレスが多く集まりますがその他の地域は少ないと思います。霧も本当に一部の地域なんですよねー。サンフランシスコ市内から車で20分も走れば全く別の気候ですし。サンフランシスコ市はとても狭いので厳密にはサンフランシスコではないですが。日本からも1番近いし日系スーパーなどもあって便利。気候も過ごしやすいし家賃が高くて狭い以外はとても便利です。ロサンゼルスの年間平均気温 18.6℃年間平均最高気温 24.0℃年間平均最低気温 13.1℃年間降水量 379mmサンフランシスコ年間平均気温 14.1℃年間平均最高気温 17.7℃年間平均最低気温 10.4℃年間降水量 601mmサンフランシスコは年間の温度差が少ないだけでなく、1日の温度差も少ないですね!!寒がりはロサンゼルス、暑がりはサンフランシスコ、が住みやすいと思います。どちらも気候的には東京や神戸よりも住みやすいですね!!自分は寒いのが大嫌いなのでロサンゼルス派になります。海外には行ったことが無いのでデータだけ見て楽しんでます。昼夜の寒暖差は苦になりませんでしたか?2度短期の旅行で行った事がありますが、個人的にあれはけっこうこたえましたがね。住んでる人はへっちゃらなのかしらん。もっとも2度とも夏だったので、他の季節は気候も違うかもしれませんが。あの寒暖差以外は好印象でした。神戸は人が離散し衰退著しい都市ですよ。 神戸 山口組、神戸山口組、任侠山口組を有する暴力団が支配する町。 三ノ宮は日本最大の闇市だった。 暴力団によって発展した町だけあって、 特殊部落が非常に多く、畿内の流刑地と揶揄されている。 現在の神戸市は全国市町村の中で5番目に人口減少が酷く、 活気が失われ衰退著しい町となっている。 神戸人は大阪、京都など関西から嫌われているのも特徴。 若者は進学、就職で県外へ転出し高齢化が酷い。 『神戸の真実 イメージだけで造られた新興都市』 第1章:震災がなければ再開発できなかったほどの巨大スラム第2章:震災があっても手がつけられない中心部の事情 第3章:THE?闇市 日本最大のパラダイス第4章:中内功の野望 **人を駆逐せよ! 第5章:西欧人に足蹴にされた人々 ~下働きで頑張った祖先たち~ 第6章:神戸ビーフの裏事情第7章:西洋館、洋食、中華 国際都市と称された神戸の真実 第8章:阪急沿線が高級化されるまで 「土石流地帯を攻略せよ!」第9章:寒村を都市化へ 近代日本の弊害を一身に背負った神戸 第10章:神戸人への提言 お花畑から脱却せよ!祖先からの手紙お洒落、ハイカラというのがウリだった神戸が、実はこうだというのが素直に歴史を見ていくだけでどんどん崩れていくのが実感できた。 兵庫津付近と違って、現在の中心部は本当に寒村で、地価が安上がりな事情だけで港が開発された。そして西日本各地からアンコ港湾労働者、土方、丁稚、工員など、あらゆる下層階級の人々がどっと押し寄せて、神戸を造った。 貿易関係の西欧人向けに神戸ビーフ、ケーキ、パン、洋食が名物となり、西洋館ができた。それらの下働きをしていたのが神戸人であった。 筆者が述べていた「水上生活していた貧困香港人が、当時彼らを支配していた西欧人の館を誇らしげに自慢するようなもの」と いった表現は、あまりに的を射ていた。 当時の貧困層であった中国人が流れてきて、集落を作った結果、現在の南京町となったこと等も、 今現在の神戸人でも知らない人は多いと思う。 神戸の西欧的な世界は、実は当時の人口の1%未満しか体験できなかった現実。 数%がやっと平均的日本人の生活を送れて、大多数は下層社会に身をおいていた現実。バブルが終わって、失われた20年をすぎる中で、神戸が一地方都市に堕していく。 支店もこない、中心部は再開発されない、大阪依存???神戸のメッキがはがれて,知らずうちに神戸本来の姿が露になってきたように思えてならない。 神戸は歴史のない新興都市。 明治時代まで寒村。 港町=オシャレ、ハイカラ というイメージはあまりにも杜撰なイメージ操作です。 神戸がハイソというイメージも巧妙なイメージ操作工作です。 現実は発展した新興都市に過ぎず、日本最大反社会組織の総本部があったり、 酒鬼薔薇聖人、宅間守、角田一家など次々と世間を驚愕させるような凶悪犯を生むような土地です。 千葉船橋ホテル監禁殺人事件横浜沖バラバラ遺体事件 千葉のホテルで2人を監禁し生きたままチェーンソーで首を切り、バラバラにして東京湾や富士山中に遺棄した極悪犯 池田容疑者は兵庫県出身でしたね。 神戸ほどイメージと現実のギャップが激しい都市はないでしょう。 元々神戸という町は大正時代まで寒村で、食肉、皮革産業が地場産業の非常に貧しい地域でした。 神戸港は開港したにも関わらず一向に経済発展せず、テコ入れに貧しい神戸の3倍の経済力を有する飾磨県国府は姫路市を強引に編入。 更に摂津国国府は大阪市だった尼崎~芦屋も兵庫県に編入。 飾磨県民の怒りは相当なもので暴動やテロが頻繁に起きました。 神戸はそうやって財政豊かな姫路や摂津国を組み入れなければ発展は出来ませんでした。 神戸は開港したが振るわず、税収が多い飾磨県姫路を無理やり合併し姫路の税収を神戸開発につぎ込んだ。 当時の姫路の税収は神戸の3倍。 更に摂津国国府は大阪市だった尼崎~芦屋も兵庫県に編入。 飾磨県民の怒りは相当なもので暴動やテロが頻繁に起きました。 神戸はそうやって財政豊かな姫路や摂津国を組み入れなければ発展は出来ませんでした。 朝鮮人と中国人は当時の貧民層で、仕事を求めて神戸に大量に流れ込んだ。 西日本各地からアンコ港湾労働者、土方、丁稚、工員など、あらゆる下層階級の人々がどっと押し寄せて、神戸を造った。 神戸自身が貧民層を呼び込んだ。その人たちの子孫が現在の神戸市民。Q:神戸の人が靴関係を自慢していますA:神戸で靴を大々的に有名にしたのはケミカルシューズの開発ですが、 開発者は長田出身の朝鮮の方です。 元々長田には小さいマッチ工場等が非常に多く、マッチ工場が下火になってきたところ、 生き残りをかけて編み出されたのがケミカルシューズの開発でした。 兵庫県、神戸市はエタ?非人である被差別同和が最も多い土地で、 同和種皮革産業が盛んであったQ:神戸にはファミリアがある!A:ファミリア創業者も食うに困るほどの生活環境だったと語っていますし、 代々服飾関係に携わっていたのでもありません。Q:神戸にはワールドがある!A:調べてみると、創業者は淡路島出身のようですQ:神戸には裏社会を統制した任侠団体がある!福岡とは違う!A:確かに神戸の某団体は個人的には大好きなんですが、 設立者は淡路島出身、団体を日本一にまでした功労者は徳島出身のようです総務省統計局.住民基本台帳人口移動報告 平成29年2017年都道府県別?転入超過数大阪府 +2,961 人 滋賀県 -715 人 京都府 -1,662 人 奈良県 -3,467 人 和歌山 -3,488 人 兵庫県 -6,657 人転出超過 全国自治体別でも神戸5位、加古川9位2017年の都道府県別人口移動報告で、転出者が転入者を上回る「転出超過」の人数が全国ワースト2位となった兵庫県。 転出超過は6年連続で、14年=ワースト3位▽15年=同2位▽16年=同3位-と低迷が続く。 推計人口神戸市 1,528,091 前年同月比 -4718推計人口神戸市 1,527,407 前年同月比 -4746推計人口神戸市 1,523,529 前年同月比 -4929推計人口神戸市 1,528,458 前年同月比 -4863推計人口神戸市 1,529,108 前年同月比 -4393推計人口神戸市 1,529,829 前年同月比 -4094推計人口神戸市 1,530,368 前年同月比 -3,693推計人口神戸市 1,527,481 前年同月比 -3377 神戸市、人口で「5大市」から転落…福岡市に抜かれ6位に 若者が減少推計人口 総人口 前年同月率 都市名2,726,579 +12082 大阪市1,469,638 -3266 京都市1,528,091 -4718 神戸市サンフランシスコが世界一住みやすい?人によって感じ方は違うとは思いますが、それは絶対に違うと断言できます!実は私もサンフランに住む前はあなたのように考え、カリフォルニアの青い空と温暖な気候に憧れて、他の都市から引っ越してきました。サンフランに来て良かったと思ったのは物珍しかった最初の1年だけで、あとは後悔の連続…私だけではなく家族全員がサンフランから早く出たいと考えるようになりました。仕事の都合上10年住むことになりましたが、今は他の都市へ引っ越しホッとしています。嫌だったことを挙げるときりがないのですが、”住人のレベルもそこそこだし、気候もよく、雨も少ない” …それは違います。確かに雨は少ないかもしれませんが霧に日が多すぎで年中ジメジメして家にはすぐにカビが生えます。周辺の天気が快晴だったとしても住宅地は濃い霧に包まれ太陽なんて全く見えない日が続きます。冬が温暖なのは数少ないサンフランの良いところではありますが、逆にいえば四季がないので1年中変化がほとんど無くつまらない…日本のような四季があったほうが変化があって良いと思います。←ただしこれは人によって好き嫌いはあるでしょう。夏に気温が低すぎ…知ってますか?夏のサンフランは全米で一番、アラスカよりも気温が低くなることがよくあるということを! 実際住んでいる時には真夏でも結構な頻度で暖房が必要なほどでした。住人のレベル…アメリカの他の都市に比べると超がつくほどサンフランの住人は冷たく、嫌な思いをすることが時々ありました。NYやシカゴのような大都会よりもずっとです。そして治安も悪いと言うほどではありませんが決して良くはなく、私が知っているだけでも、銃を突きつけられて金品や車を盗られたり、襲われそうになった日本人を何人も知っています。不動産が高いことは有名です。物価が高いとはあまり感じませんでしたが、他の街に住めば同じ金額で倍以上広い上、綺麗なアメリカらしい家に住むことができます。緑が少ない…アメリカといえば街中や住宅地にも街路樹や公園がたくさんあってリスが走り回っているものですが、サンフランは緑が本当に少なくて家も隣接して建っているので息苦しく感じます。そして一番嫌だったのが車の渋滞! 普段なら15分くらいで行ける場所でも渋滞にかかると1時間半以上かかる…なんてザラで常にストレスを感じていました。私はアメリカ生活もそこそこ長く、他の4つの都市で長期間生活したことがありますが、サンフランが最悪でした。ちょっと訪れたり1年くらいの短期間住むには良い所だとは思いますが、他の住みやすい街を知っている人にとってサンフランはかなり住みにくい街ですよ。アメリカの良さが一番感じられない街です。銃の乱射事件を除けば住みやすい都市です。イギリスのエコノミスト?インテリジェンス?ユニットが毎年発表している「世界住みやすい街ランキング」で、ウィーンは常に上位にランク付されているので納得ですが、サンフランシスコは少なくともトップテンには入っていませんね。家賃と税金が高すぎて住みにくいです。気候はまあまあですが。私は、同じ税金が高いカリフォルニア州なら、サンディエゴか、サンタモニカ辺りの方が好きです。サンディエゴは、夏は暑すぎず、冬は寒すぎずでとっても凄し易いです。乾燥しますけど。。全然そんなことないよ。家賃が高い。物価も高い。それにさ、道が狭い。アメリカにしてはカーブも多い。夏は涼しいけど、夜は寒い、冬はほとんど灰色の空。寒い。カラッとした太陽がほとんどない。ホノルル知ってる人間には、とても住みたくない場所。ホノルルは1年中住みやすいからね。夏もクーラーなしで過ごせる。サンフランシスがいい点は、海産物が新鮮でうまいことだよ。それに、文化度が高いから、オーガニックなどは充実している。ただ、街中の運転は、まだ東京の山手線内の道路のほうがましだよ。サンフランシスコに長年住んでいます。私は暑い夏が苦手なので私にとっては世界一住みやすいところです。世界中探しても夏に暑くならない冬もそれほど寒くならないところはなかなかないと思います。サンフランシスコは小さい街なのですが地域によって夏の気候に違いがあります。有名な霧は太平洋沖にある寒流と偏西風に乗ってやってくる夏の暖かい空気がぶつかってできマリンレイヤーと呼ばれる停滞する帯を作ります。霧はサンフランシスコのはるか東の内陸の気温が上がると西から東へ移動します。でも霧は重いので市内に南北にある丘陵をなかなか超えられません。夏はこの霧の為に太平洋岸はほとんど一日中霧、中央あたりは朝は霧で昼頃には晴れまた霧、東の方は殆ど霧がかかりません。雨は雨季にだけ降ります。今年は昨日から雨が降り出し雨季に入ったようです。そのおかげで今まで経験したことがない山火事の影響の空気汚染が2週間ぶりに綺麗になり今日は晴天です。乾季の時は全くと言っていいほど雨が降りません。アジア人が多いので変に目立つとか自意識過剰になることもなく暮らせます。住人も民度も高い人が多く日本が中国の一部だと思っている人はいないでしょう。世界情勢にも興味がある人が多いです。でも危険な地域もあります。危ない目にはあったことはないですが。低所得者住居もあるので将来は不動産の高騰のため高所得者か低所得者しか住めない場所になるかもしれません。*日本町は昼間どころか夜も麻薬と売春の地域ではありません。サンフランシスコが住みよい街という点、そして LA より好きという点には賛同します。住めるならたしかに住んでみたいですね。友達のアメリカ人が同市の西側、アウターサンセットに住んでいて、何度も遊びに行きましたが、たしかに函館や神戸のような日本の港町に近い雰囲気でした。あそこならぜひ住みたいですね。なおどこでも自由に選べるなら、もっとも南に下ってサンマテオ~パロアルト辺りのいわゆるシリコンバレー周辺がいいです。サンフランシスコのチャイナタウンで成功した華僑は、みんな南下して広い家に住んでますよ。ご存知かもしれませんが、サンフランシスコ市の南端には半島部ペニンシュラとサンフランシスコ市を分けるサンタクルーズ山脈山脈といっても標高400m足らずですががあり、その北と南では気候がガラッと変わります。北側は「霧のサンフランシスコ」と言われるほど霧の多発地帯で、ツインピークスあたりから霧が山肌を降りてくるのが見えるほど。秋~春はわりと寒いし、決して「雨も年間に10日前後しか降らない」なんてこともありません。一方で半島側は絵に描いたようなカリフォルニアの陽光が拡がり、それでいて LA 周辺ほど景色が茫漠ともしていないので、一年中快適です。シリコンバレー屈指の高級住宅地アサートンもありますし、私ならぜひ半島側に住みたいですね。ただしサンノゼまで行くと遠すぎるし、景色も LA のような砂漠っぽさが増してしまいます。デトロイトやセントルイスに並んでアメリカで最も犯罪の多い地域です犯罪関係の調査会社NEIGHBORHOODSCOUTの判定では安全度が3で最危険地域の判定です安全な地域は100、危険な地域はゼロ、ちなみにニューヨークは34日本人町も日系人が逃げ出して白昼でも麻薬と売春の危険な地域になりました観光客の目で見ないように観光旅行でみどころをみてきただけではわからないでしょう。雨が少ないことは問題なんです。水不足で節水もよくあります。こことシリコンバレーの家賃が全米一高いので、家賃をはらえない教師や低時給の労働者が引っ越していきます。住人はアジア系とラテンが多いです。気候は夏がない都市、と呼ばれるくらい夏でも夏らしい気候になりません。一年中、おなじ服装。低所得者がほぼいない?ユニオンスクエア辺りしか観光しないと、市の他の治安が悪い、きたない地域をしらないんでしょう。ホームレス問題は深刻で、ダウンタウンの汚らしさは掃除の費用が足りなくていつも不潔です。私が一番きらいなのは気候。一年中、陰気な霧がこもっている。ダウンタウンの一部は割りと明るいときが多いけど、他の住宅地は陰鬱な感じがただよいます。周囲に山火事が多く、最近も空気がひどくなりマスクが品切れ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません