中国の民主化 共産党の独裁はプロレタリアート独裁が根拠で

中国の民主化 共産党の独裁はプロレタリアート独裁が根拠で。要は、中央集権という事やろ。共産党の独裁は「プロレタリアート独裁」が根拠ですけど、「プロレタリアート独裁」って、社会主義から共産主義への「過渡期」な訳ですよね だのに、中国は「社会主義市場経済」を導入して、共産主義からむしろ「遠ざかった」 独裁の根拠がよく分からないので、だれか教えて下さい プロレタリアート独裁とは。そして 年月の「革命的共産主義者万国協会」の規約第条では永続革命と
プロレタリアート独裁が明確に打出されている。崩壊したために。
プロレタリアート独裁そのものが自由と民主主義を抑圧する根拠となっていた
ことが明らかになった。ただし。エンゲルスが「民主的共和制は。すでに偉大
なフランス革命が示したように。プロレタリアートの独裁のための特有な形態
ですらある」『

日本共産党と「プロレタリアート独裁」。「プロレタリアート独裁」とは。「資本主義社会と共産主義との過渡期の国家が
プロレタリアート独裁」でありカール?マルクス著『ゴーダ綱領批判』渡辺寛
訳世界思想教養全集第11巻「マルクスの政治思想」139頁昭和「共産主義」について語るスレ。株ドワンゴが運営するあらゆる言葉についての記事を閲覧?編集したり。
コメントをしたりするサイトです。いや。勿論大虐殺している所があるのは
知ってるし。政治犯の問題についてもあるけど。そういうのは共産主義の理念
として盛り込まれているかというプロレタリアート独裁はマルクスが言ってる
んだし「共産党一党独裁」は共産主義国の定義に入るだろ実像もなにも革命の
成立根拠たるプロレタリアート自体が早くも世紀初めには少数派になりつつ
あったからね。

中国の民主化。独裁体制をより強化しようとする習近平政権の登場で。中国の“党内民主”化は以前
よりも遠のいたようではあるが。楊建利が“中国の民主共産党政府は。人民が
本音のところで自分たち共産党の統治を否定していることに気づいてしまった。自民党のライバルだった社会党があっという間に消滅した根本原因。社会主義体制を平和勢力と言い。社会主義への道筋をめぐってプロレタリア独裁
か否かで論争し。少しでも新しいビジョンが提示されると改良主義だ。社会主義
の原則に外れる。といった論議を繰り返す体質がどれほど支持者

要は、中央集権という事やろ。日共は「民主集中制」などという判りにく過ぎる語句を用いるけど、あれは日共が官界を傘下に置き、間接的な独裁政治をとるというもんだろうよ。いわば、薩長政権の再来?明治維新の再来…てなもんだろうに。中国は鄧小平国家主席の時代に富める者から富んで欲しいという事から経済には資本主義体制を導入したのですよ。彼方は何か大きな勘違いをされておられますよ。中国は経済は資本主義体制です。ですから赤字続きの国企業を次々に民営化していますよ。ですから口が悪い人たちからは赤い資本主義国家と揶揄されています。中国は資本主義経済ですよ。ですから上海には株式取引場もありますよ。民間の会社が中国には沢山ありますよ。政治は相変わらずの共産党独裁ですが。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません