仏教の開祖 仏教の御釈迦さん ゴータマ?シッダルータは生

仏教の開祖 仏教の御釈迦さん ゴータマ?シッダルータは生。「水の上を歩いた、空を飛んだ、母親の脇から生まれた」などの神話はありますが、釈迦自身が「池に落ちた石は祈っても浮かぶことはない」と奇跡を否定しています。仏教の御釈迦さん ゴータマ?シッダルータは生前 イエスキリストのように水をぶどう酒に替えたり 病人の病気をなおしたり 飢えた人たちに多くの食料を目の前で出したりといった
奇跡を起こしましたか なにか経典などの昔の文書に御釈迦さん ゴータマ?シッダルータの奇跡の内容を書いていたりしましたか ブッダの謎の生涯に考古学で挑む。て出家した。ゴータマ?シッダールタ釈迦という名の彼は。修行の末に「
ブッダ仏陀」つまり「悟った人」となり。その教えは…考古学者が発掘
調査を進めているルンビニは。今も仏教徒の巡礼地だ /
その昔。というのも生前のブッダは。人々に教えを広めようとは
したが。自身に全てをささげる信徒は望まなかったからだ。おかげで

仏教の開祖?お釈迦様の生涯と悟り。「お釈迦様」「釈尊しゃくそん」「仏陀ブッダ」など。さまざまな名前
を聞いて。混乱してしまったことはありませんか。 実は。これらは呼び方が違う
だけで。いずれも仏教の開祖である「ガウタマ?シッダールタ」仏教の御釈迦さん。お釈迦様の本名と深遠な生涯。悟りを開いたことで有名なお釈迦様は。日本人になじみの深い仏教の開祖です。
そんなゴータマ?シッダールタという名がありながら。「お釈迦様」と
呼ばれるようになったのは。釈迦族の王子だからという説が有力です。ゴータマ?シッダールタお釈迦様。およそ人間であれば誰もが持つ苦悩を発端とし。それを乗り越える道を説くもの
であるからこそ。仏教は時代や民族?社会を超えた普遍性を持っているといえ
ます。また。お釈迦さまは一人の人間として苦悩され。人間として道を求められ

仏教の基礎知識。仏教は。いつ始まったの? 紀元前世紀頃諸説あり。 仏教は。誰が始めたの
? 一般的には。「ブッダ」「シャカ」「お釈迦様」様々な敬称があるが。修行
によって悟りを開いた本名「ゴータマ?シッダールタ」。 ちなみに。「ブッダ」仏教の開祖。釈迦本名。ガウタマ?シッダールタ。パーリ語ではゴータマ?シッダッタは
紀元前?世紀頃。ルンビニー現在のインドとネパールの国境付近にあった
小国に生まれました。父は釈迦族の国王であるシュッドーダナ。母は隣国
コーリヤ仏教の御釈迦さん。いずれかを含む。仏教の御釈迦さん ゴータマ?シッダルータは生前 イエスキゴータマ?シッダールタは千手観音を知っているのでしょうか。また。学説によっていろいろ言われているので定かではありませんが。お釈迦様
の生前から。あるいは死後。インド思想全体がヒンズー教化してきます。その為
。仏教もその影響を受けます。当然。ヒンズーの神が仏教に取り込まれても
不思議

「水の上を歩いた、空を飛んだ、母親の脇から生まれた」などの神話はありますが、釈迦自身が「池に落ちた石は祈っても浮かぶことはない」と奇跡を否定しています。それどころか、信仰さえ否定しています。ブッダが信仰を捨て去ったように、そのように汝もまた信仰を捨て去れ。そなたは死の領域の彼岸に至るであろう。ビンギャよ。」』『スッタニパータ』第5章●イエスの奇跡は古代神話のパクリです。それ以前の神話にも似たような話があります。?BC3000年頃、エジプト神話のホルスは、処女イシス?メリーから生まれる。東方から星が現れ、3人の王が祝いに駆けつけ新しい救世主として崇拝した。12歳で天才児として教育者となり、30歳でアナブによって洗礼を受け、聖職活動を始めた。12人の使途と旅を共にし、病を治したり水の上を歩くなどの奇跡をおこした。ホルスは多くの名前で知られていた。真実、光、神の子、よき羊飼いなど。タイフォンに裏切られた後、十字架に張り付けられ埋葬されたが、3日後に生き返った。?BC1200年頃、ペルシアのミトラは、12月25日、処女から生まれた。12人の弟子をもち奇跡を起こした。死亡して埋葬された3日後に復活した。彼は、真実、光、などの呼び名を持っていた。神聖な崇拝は日曜だった。?BC900年頃、インド神話のヒンドゥー教のクリシュナは、処女デーヴァキーから誕生。東方に輝く星が出現した。弟子達と数多の奇跡を起こし死亡した後復活。御釈迦さんの奇跡に関しては阿含経「ウルヴェーラの神変」っていうのが有名です。ネットで検索してもらうと現代日本語に訳されたページがいくつもあるのでそちらをご覧ください。仏教もキリスト教もデタラメですから、気にする必要はありませんキリスト教というのはミトラ教のパクリですミトラ神の信仰は5,800年前からと桁違いに古く、出エジプト~紀元3世紀頃までは全てのオリエントの民族+ローマ帝国がミトラ神を崇拝し、インドにも伝わって最高神アスラ阿修羅とされたほどですミトラ神はペルシャ帝国やローマ帝国、バビロニアの守護神とされ、ヘブライ人&イスラエル人も牛の頭を持つミトラを象徴する「金の仔牛像」アモンを拝んでました圧倒的なミトラ信仰をひたすらパクってキリストの話に置き換えて造った、キリスト教です——————————–■ミトラ多神教を真似たキリスト教誕生の予言と目撃ミトラ誕生は、3人の占星術の学者たちが予言し、羊飼いがその誕生を目撃する。そして彼らは捧げ物をもって誕生を祝いに行った。これは福音書のイエス誕生と通じている。誕生日ミトラの誕生日は、冬至の日、12月25日。これはイエス?キリストの誕生日に置き換えられ、後にクリスマスとされた奇蹟ミトラは死者をよみがえらせ、病気を治し、目の見えない者の目を見えるようにし、歩けない者を歩けるようにする。イエスの数々の奇蹟と共通している。12弟子イエスには12人の使徒がいた。ミトラは12星座に囲まれる。ミトラ教において、12星座は12人の神に象徴される。復活祭ミトラの勝利を春分の日に祝うことがもとになっている。キリスト教の復活祭最後の晩餐──もとはミトラのオリンポスでの祝宴これはミトラが天上に帰還する前日に12人の光の友たちと最後の晩餐をすることがモデルになっている。聖体拝領パンとブドウ酒もとは、ミトラとアポロンが催す宴席に信者一同が参加し、聖なるパンとワインを分けてもらうことで自分たちがアポロン同様に「ミトラの友」であることを確認する儀式であった。新しい仲間を迎えるときも、同様の儀式をした。ミトラ教の密儀では、牛を殺して、その肉と血をメンバーとともに食べる。これは、そのままキリスト教における聖餐の儀礼である。ただ、食べるのがイエスの肉=パンとイエスの血=ワインであるかの違いである。洗礼の儀式ミトラ教では、メンバーが水に体を浸す洗礼という儀式がある。説明するまでもなく、これはキリスト教の儀式そのままである。復活の日と最後の審判もとはミトラ教におけるコスモスの終末に先立つ、死者の復活とその最後の審判のことである。最終戦争とハルマゲドンもとはミトラの最終戦争である。ミトラの友は最後の戦いで光の天使軍に加わり、闇の軍団と戦う。ミトラも白馬に乗ってやってくる。『ヨハネの黙示録』によれば、終末の日、イエスも白馬に乗った姿で現れる。その他の共通点●クリスマスは元々ミトラの誕生日である●イエスはメシアである。ミトラも救世主である。●イエスは厩うまやで生まれた。当時の厩は洞窟であり、岩屋でもあった。ミトラはまさしく岩の中から生まれた。●ミトラ教の聖なる日は、日曜日である。『旧約聖書』によれば安息日は土曜日であったが、キリスト教はミトラ教の影響で、安息日を日曜日にした。●ミトラ教の最高司祭は「パテル?パトルム」父の中の父と呼ばれていたが、これがそのままカトリックの教皇の名称「パパ父」に通じる。●ミトラ教の密儀は、洞窟や地下で行われた。原始キリスト教徒は、みな地下の共同墓地カタコンベで儀礼を行った。●イエスは創造主なる御父がいる。『アヴェスタ』においてミトラは創造主アフラ?マズダの子供とされている。●イエスは自らを世の光と呼び、ときに義の太陽と称される。ミトラは光明神であり、太陽神でもある。ミトラはヘレニズムに置いて太陽神アポロンと習合しているし、インドでは、阿修羅?大日如来?弥勒菩薩?牛頭天王?四天王とされる—————————キリスト教の3大悪魔は、ミトラと関連キャラです聖書の邪神バアルとは、バール神のことでミトラ神の別名です日本語訳聖書では、バール神であることを胡麻化すためにわざと、バアルと記述します仏教も同様で、最大の悪魔:第六天魔王波旬は、ライバルのヒンズー教の主神シヴァ神です仏教はヒンズー教や道教、儒教を取り込んで日本に伝わっており、修験と習合までしてますので、逸話は尾ひれが付きまくり.話になりませんまやかしなものを摩訶不思議に信用させるために>イエスキリストのように水をぶどう酒に替えたり 病人の病気をなおしたり 飢えた人たちに多くの食料を目の前で出したりといった奇跡を起こしました。仏教を説かれた釈尊は一切迷信は外道であると排斥なさっています。科学が長足の進歩を遂げた、今日、キリスト教はもはや科学によって邪教ぶりを見破っています。処女降誕、水をぶどう酒に替えたり 病人の病気をなおそうとしたり飢えた人たちに多くの食料を目の前で出したりといった奇跡を起こしたり。これらはみな過去の伝説です。科学的根拠は0です。科学がいくら進歩しても仏教の教えの修正はありません。キリスト教は地動説によって修正しました。旧約聖書だと人類誕生が6600年前だとか?バカらしいね。アインシュタインは仏教にこそ科学を越えた教えがあるといっています。釈尊が説かれた仏教の根幹は三世因果の道理まず、釈迦は母の股座ではなく、脇の下から生まれてます。次に、生まれ落ちてすぐに立ち上がり、「天上天下唯我独尊」と喋ってます。1.盗賊アングリマーラが全速力で走っても、普通に歩いているお釈迦様に追いつけなかった。2.死ぬ前に近くの小川から水を汲んできてくれと懇願された。弟子たちは濁っているからと言って止めたが、お釈迦様はどうしても汲んできてくれと言い張った。弟子たちが言ってみると水が澄んでいた。3.仏には六神通があるということで、天眼通のことなどは記されているようです。つまり、あの人は死んであそこに生まれ変わるとか。不勉強ですみません。水の上を歩いた、みたいなのがあったように思うのですが、定かではありません。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません