古代の宗教戦争 蘇我氏物部氏の対立の原因か

古代の宗教戦争 蘇我氏物部氏の対立の原因か。仏教の布教を日本で認めるかどうかです。蘇我氏物部氏の対立の原因か 5分でわかる「物部守屋」なぜ蘇我氏と対立した。よぉ。桜木健二だ。古代日本の権力者だった「物部守屋」だが。蘇我一族と対立
した結果。滅ぼされてしまう。いったいなぜ物部守屋は蘇我氏と相対することに
なったんだろうな。 今回は「物部守屋」について歴史オタクのライターリリー?蘇我氏蘇我稲目?蘇我馬子?蘇我蝦夷?蘇我入鹿。そのためか,蘇我氏は渡来人だとする説もある。事実,先祖に「高麗」の字が
見える。 物部氏も有力な豪族の一人で,蘇我氏とは常に対立していた。しかし,
蘇我氏は,天皇の外戚として権力を持ったこと,渡来人の集団を支配して進んだ
知識や技術を持ったこと,仏教をと同じでこの時も疫病が流行り始めた。
585年,物部守屋もりや-物部尾輿の子は敏達天皇に仏教が原因だと
訴えると天皇

蘇我氏と物部氏はなんで対立した。蘇我氏と物部氏がそれ。 こいつら。『天皇』様を天皇とも思っちゃいない。 自分
の権力に利用してただけなんだ。 ある時。蘇我氏と物部氏とで「仏教を認めるか
?」って事で喧嘩になってね。 ほら。日本って元々。神様の国日本の宗教戦争「仏教。それでも当時は「天皇を超えたんじゃないか」って言われるくらい。すんごい
勢いだった。 そんな蘇我氏が絶大な権力を握ることができたのには。実は仏教の
伝来と深い関係がある。蘇我氏と物部氏の仏教抗争。大陸から伝わった仏教を受け入れるかどうかを巡り。反対排仏派の物部尾輿
おこしと。導入崇仏派で渡来系の子孫ともいわれる蘇我稲目が争った6
世紀の崇仏論争。だが。実際は仏教とは無関係の政争だった…

蘇我氏VS物部氏3/3。天皇家内部で後継者争いが続き弱体化の一方。豪族が力をつけてきます。その中
の一人。蘇我稲目大臣の役につき。朝鮮半島から得られる莫大な財政を自由に
操る様になります。その中には。仏教に関するものもありました。古代の宗教戦争。父親の物部尾輿に引き続き。守屋は排仏主義を唱え。蘇我馬子と対立します。
物部守屋は。 「蘇我氏が仏教を取り入れて。古くからの神々を粗末に扱っている
のが原因」であると 敏達 びだつ 天皇に進言します。蘇我氏と物部氏の対立は仏教をめぐってのもの。はじめに 飛鳥時代のはじめ。蘇我氏と物部氏という2つの家による。政権を
めぐる争いがありました。 実はこの争い。日本に仏教の布教を許すか。それとも
許さないかの戦いでもありました。最終的に蘇我氏が物部氏を

仏教の布教を日本で認めるかどうかです。仏教を広めたがっていた蘇我氏に対し、物部氏は、朝廷の呪術を司っていたとされ、新興宗教の仏教が自分達の権益を冒すのでは、と警戒していたと考えられます。新旧官僚の筆頭官僚を巡っての主導権争いです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません