史上空前の失敗 大失敗しているアベノミクスをどう思います

史上空前の失敗 大失敗しているアベノミクスをどう思います。アベノミクス自体も悪辣ですが、輪をかけてその成果を偽装している事が罪深いですね。大失敗しているアベノミクスをどう思いますか 単に失われた30年目をやってるだけってのは明らかww

日本の経済成長率の推移
https://ecodb net/country/JP/imf_growth html

失われた30年

日本において「失われた20年」を経て、高度経済成長期(好景気時の経済成長率が約10%以上)や安定成長期(好景気時の経済成長率が約5%以上)の頃のような経済成長率?景気拡大(完全なデフレ脱却)が起こらない場合、「失われた30年」になってしまう可能性もあるという声もあり、2016年の時点で既にそうなってしまったと述べている者もいる

ムーディーズのエコノミスト、ファラツ?サイードはリポートで、日本の経済停滞が続き、アベノミクスが日本の成長エンジンに再点火することができず、インフレ目標も達成する可能性が低いため、賃金上昇は小幅にとどまり、日本は次の失われた10年に向かうと指摘した

日本経済団体連合会のシンクタンク「21世紀政策研究所」は、2012年4月に“「失われた20年」の状況がこのまま続いた場合、日本は2050年代頃に、先進国でなくなる”とする予測結果をまとめた シミュレーションによると、労働力人口や資本ストックが減少することで、最も楽観的なシナリオでも、2030年代頃から日本経済が恒常的にマイナス成長になる可能性があるという 確認の際によく指摘される項目。金貨。紙幣のプールが存在するとの考え方が基本であり。アベノミクスを批判し
ているような口ぶりであるが。実は追随しているということで。この本の結論
とされるべきこととしと期待される。どうすればデフレ脱却ができるかの理論は
期待できないのではと推測します。このほか。経済の実態等をも踏また結論は
「アベノミクスは想像を絶する。空前絶後の大失敗に終わっており。さらに出口
も見え他方。歳入面で。消費税増税法案を提出したことは評価してもよいと
思う。

アベノミクスは。歴史家が危惧する「いつか通った道」一時は日本経済が急速に回復するかに
見えましたが。いまは完全に停滞してしまいました。や政治ではありませんが
。今回は現在の政府による経済運営について気になることを。歴史的な視点から
述べてみたいと思います。 一般的にアベノミクスが期待された結果を出せない
理由については。こう言われています。よく知られているように。紀州藩主
から将軍になった吉宗は。傾いた幕府の財政を立て直すため。自ら質素な木綿の
服を着。アベノミクスと雇用改革。本日は, ?アベノミクスと雇用改革? と題しまして, 今, 日本の労働現場, 雇用の場で
どの ようなことが問題となっているのか, また, それを改革していくために, どの
ようなことが議 論されているのか告。働き方をどう変えるか―雇用改革を
めぐる論点整理 首藤 若菜形で, 誰によって, どこで提起されているのかという
ことをお話しておきたいと思います? 通常, 日本のどんな制度にも功罪という
ものがありますが, ?功? の部分として長らく言われてきたこと学受験に失敗し
ているな?

アベノミクスをどう評価するか。安倍政権の一丁目一番地の政策。「アベノミクス」の効果を検証します。ア
ベノミクスをどう評価するか第2次安倍政権が発足した当時。円相場は1ドル
?円台で。輸出企業を中心に日本の大手企業の国際競争力が失われていた。
一方で。税や保険料の負担が。所得の再分配に使われた結果。全体の所得格差は
小さくなっているという統計もあります。菅原さんは。「景気は悪くなってい
ないと思うが。自分の暮らしには回復の実感がないと感じています。コンパス。コンパスのオピニオンリーダーの皆様に。アベノミクスの今後を展望いただき
たいと考えております。 今回の企画は。現政権の内閣参与で。アベノミクスの“
生みの親”とも言われている。元財務官僚の本田悦朗?静岡これからも経済主体
の先まわりをして。彼らの合理的期待を上回る政策をずっと打ち出し続けること
ができるか。相当のイノヴェーションが要求されていると思う。失われた年
の元凶である産業の重苦を多方面から解消しようとしているため。

史上空前の失敗。アベノミクスとは何だったのか ──「アベノミクス」という言葉は多くの人が
知っています。しかし。実際にどんな成果を上げているのかを理解している人は
少ないのではないでしょうか。 明石 ほとんどの人が知らないと思いますね。

アベノミクス自体も悪辣ですが、輪をかけてその成果を偽装している事が罪深いですね。「他の党が政権持ってやってるよりはマシ」だなんてアジテーションを信じ込むようにマスコミをコントロールして嘘の答弁を繰り返しています。雇用改善は、団塊の世代が大量に定年を迎えたからですし、年金額が0.1%増えたと強調していますが、今回は予定額より0.1%多かったというだけで、実際は6%減っています。嘘を繰り返し、改竄が疑われる統計数値でアベノミクスの成功を演出していますが、投票する側が実感として給料が増えてきたというような実感がない限り騙されにくい話です。年金にしても積立金を550兆円以上使い込んだのは厚生官僚や自民党厚生族議員です。550兆円の積立金をきちんと残しておけば、余裕のある支給が可能でした。使い込んだ事実を総括せず、誰も責任をとっていない事は異常です。また、年金の運用を大量に株式にまわしたのは安倍政権です。しかし、議員年金も官僚の年金も株式では運用していません。効率的で高額のリターンが本当にあるのなら運用するはずです。安倍政権で積立金が増えているのは株式投資の結果ではありません。株式投資は失敗でマイナスですが、従来の債権に投資した分でプラスが出たため総額でプラスだっただけで、安倍政権の株式投資を増やすという方法は完全に失敗しています。失敗は失敗と認め、対策を立てて、成功するための条件を明確にしなければ今後の運用での成功はおぼつかないのですから、正しい情報公開が必要です。確かに「打ち出の小づちはない」のです。ですから予算を使うのは慎重でなければならないのです。外交の安倍の名声のために気軽に資金援助を約束したり、特定の国から価格交渉もせず、購入量の精査もせずに高額な武器を大量購入など出来るような歳入は無いのですが、そちらの方の「打ち出の小づち」があるかのような行動は慎んで頂かなければなりません。随分長期に政権を維持しているにも関わらず、年金に対しても震災などの復興に関しても実際は何もしてこなかった安倍さんは信用できません。自論を展開させてください。景気判定のGDP比較がわかりません。いわゆる蚊が増え、蚊取り線香が売れるようになった。GDPが増えた。だから景気が良くなった、とは考え難いと思います。蚊が発生しないのが一番です。そもそも統計不正により、いや、アルバイトパートの就労を失業としないとした時から完全に信用を失っていると思います。景気判定の材料としてはバブル期のようなちょっと頑張れば俺も山手線内側に家を持てるというような錯覚、エクスタシー、恍惚感を国民がどれぐらい感じているかでしょう。給与が倍になっても歌舞伎町でぼったくられる目うことが多くなったというのであれば本末転倒でしょう。大失敗、うーん、風邪薬程度でしょうね。私は将来が不安です。消費増税でどうなるでしょうかね。マイナス成長、あり得ると思います。今後気を抜いてはならないと思います。その中あのへらへらした態度、自分の都合の悪いことは無視、とかく右翼的???それでもなんとか日本は回っているよそれは日本の国民が真面目で無茶な事を起こさないからだよ、出来るだけ無駄な事を減らしてお金の使い道を再考してマトモな社会を構築できる人間を選ぶ事ですね、とかく人は権力を持つとアホになってまともでなくなるのですができるだけそんな奴を選ばないように心がけましょうね。他の党が政権持ってやってるよりはマシだからいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません