平成23年特別問80 不正アクセス禁止法において不正アク

平成23年特別問80 不正アクセス禁止法において不正アク。はい。不正アクセス禁止法において、不正アクセス行為とは、
「ネットワークを通じて、アクセス制御機能のあるコンピュータに、 他人の識別符号を入力することで、本来アクセス権限の無いコンピュータを利用すること」
とされていますが、ここでの「識別符号」というのは、指紋などの生体情報も該当するんですか 不正アクセス行為の禁止等に関する法律。不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス禁止法は。不正
アクセス行為や。不正アクセス行為につながる識別符号の不正取得?4 この
法律において「不正アクセス行為」とは。次の各号のいずれかに該当する行為を
いう。平成22年春期問80。不正アクセス禁止法は。正式名称を「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」
といい。インターネットなどのネットワークの通信において不正アクセスとそれ
を助長する行為を規制する法律です。この法律の中で不正アクセスとは主に以下

不正アクセス行為の禁止等に関する法律のポイント。その中でも。不正アクセス禁止法が違法行為として定めるつの罪について。不正
アクセス禁止法の引用とともに解説します。 不正アクセス罪 『この法律
において「不正アクセス行為」とは。次の各号不正アクセス禁止法とは。何人も。不正アクセス行為第二条第四項第一号に該当するものに限る。第六条
及び第十二条第二号において同じ。の用に供する目的で。アクセス制御機能に
係る他人の不正アクセス禁止法について。不正アクセス行為の禁止等に関する法律」略称。不正アクセス禁止法が平成
年月から施行平成年月に改正されています。 ○ 法律の目的 電気通信回線
を通じて行われる電子計算機にかかる犯罪の防止及びアクセス制御機能により
実現

情報処理技術者試験等の選択肢問題と解答<Web教材<木暮仁。コンピュータa~dのうち,不正アクセス禁止法における不正アクセス行為の
対象になり得るものはどれか。 ネットワーク接続 アクセス制御機能
コンピュータa 有 有 コンピュータb 有 無 コンピュータc 有 有 コンピュータd
無 無 ア平成23年特別問80。不正アクセス禁止法において,不正アクセス行為に該当するものはどれか。 会社
の重要情報にアクセスし得る者が株式発行の決定を知り,情報の公表前に当該
会社の株を売買した。 ア コンピュータウイルスを作成し,他人のコンピュータ
のサンプル問題1問5。不正アクセス禁止法において,不正アクセスと呼ばれている行為はどれか。 共有
サーバにアクセスし,ソフトウェアパッケージを無断で違法コピーする。 ア
他人のパスワードを使って,インターネット経由でコンピュータにアクセスする

はい。該当します。識別符号とは、ネットワークを通してコンピュータを利用する際に、利用者を他の利用者と区別するための符号のこと。IDやパスワードはもちろんのこと、生体認証で用いられる指紋?音声?虹彩?網膜なども識別符号にあたります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません