政治に興味ありますか 参議院選挙について投票に向けて各党

政治に興味ありますか 参議院選挙について投票に向けて各党。ほんとうですよね??。参議院選挙について

投票に向けて各党の主張を確認していたのですが、同性婚賛成、男女平等、若い世代への支援など、賛同できる主張をしている候補者が軒並み共産党や公明党でした
その党 が悪いと言うわけではありませんが、いわゆる「胡散臭いイメージがある党」の候補者ばかりで、「主張は支持したいが党そのものは支持したくない」という状況になっています
私は政治の知識があまりないので、こういう時はどうすべきか有識者のみなさまに教えていただきたいです 3分でわかる全政党の政策比較まとめ。参院選の投票日月日まで。各党の主要政策を比較 選挙ドットコムでは。月
日から月日にかけて。各政党の主要政策を比較?整理する特集を行います。
特に中心となってくるであろう以下のつの政策にスポット

ワカモノのミカタ政党はどこだ。今まで各党に対して政策提言を行ってきた日本若者協議会では。若者を対象に。
「投票したい」政党について模擬投票を行った。政治に興味ありますか。は。ソーシャル上の生活者データを集計して。世の中の傾向や
消費者意見を見つけだすソーシャルリスニングツールです。今回は年月
日に投票日を迎える参議院選挙について分析していきま参議院議員選挙投票日:7月21日に向けて各党のSDGsに関わる。月日。第回参議院議員選挙が行われます。この選挙に向けて。与野党各党
が公約や政策を打ち出し。ウェブサイトに発表しています。市民社会
ネットワークジャパンでは。この選挙に向けて。各党が総務省。小選挙区選挙と比例代表選挙が。同じ投票日に行われます。総選挙は。衆議院
議員の任期満了年によるものと。衆議院の解散によって行われるもののつ
に分けられます

ほんとうですよね??。-。- 選挙期間が短いばかりかこれほど莫大な税金を酷使して行っていながら各党、候補者性質が何をしたいのか?等を充分に国民に示さないまま行われる選挙って一体何?なのでしょうか?? そんな流れを利用するような、国民に充分な時間を与えず選択を要求する選挙って??そんな選挙だからいつまで経っても投票率が低いのだとどうしてこの国の政府って理解できないのでしょうか? それとも理解どころか、それを利用しているだけ???それが事実なのかも???。何にしても耳タコくらい、しつこいくらい各党の方針やら確約等を全ての国民に知らしめるくらいできる選挙期間を設けるべきだし、それこそそんな理想も確約もできないような政党をその期間中に排除もできますし、余計な税金をそんな政党議員に支払う必要も無くなりますし、全て良い方向に向くと思います。どうしてこの国の選挙期間ってこんなに短いのでしょうか? こんな選挙システムは即時に改善すべき。胡散臭いですかね?共産党が毎週出してる赤旗日曜版とか読んでみたらどうでしょうか?日刊の赤旗もあります大別したら日本には自民党と共産党しかないと思っていますこのまま安倍の政治が続いたらみんな干上がってしまうと思います大企業経営側や大金持ちは別でしょうけど わたしは共産党に入れます自民党は本来、左右両方のまぜこぜ政党で、護憲や夫婦別姓も当たり前に、党内の1意見としてありました。今でも、野田聖子に限らず、かなりの数が夫婦別姓を唱えていますが、安倍首相の派閥清和会が天下になり、党内の統一見解や多数決で、夫婦別姓は表に出ません。護憲を主張したら、加藤紘一さんのように、自宅を燃やされます。それくらい、自民党は右傾化したのです。ですから、もし、自民党支持なら、自民党の中で、夫婦別姓派が拡大するような応援の仕方をすれば良いのです。他の党も、皆が皆同じ意見ではありません。ですから、もし、夫婦別姓も考慮できる議員が、支持政党にいたら、その人には投票するが、そうでなければ投票しないというのもありです。安倍政権の顔ぶれ見たらわかりますが、神社関係者、生長の家や統一協会関連の保守的な原理主義の家族道徳を信条とする人ばかりです。安倍首相自身も、親学推進議員連盟の会長で、戦前の家族道徳を推奨する立場です。そんな政権が、夫婦別姓を主張するわけがありません。自民党内で、リベラル派が力をつけるよう、貴方が応援するしかありません。同性婚賛成、男女平等、若い世代への支援。どれも日本維新の会に当てはまります。選挙区に維新がいないなら比例だけでもぜひどうぞ。公明党はまだしも共産党には絶対入れないようにしてください。優しい公約は全て共産主義暴力革命のためです。共産主義の旗降ろさず=志位委員長、若者向け党冊子で時事通信 / 共産党は12日、若者向けに支持を訴える冊子を30万部作成し、配布を始めたと発表した。 この中で志位和夫委員長は「市民と野党が本気で共闘すれば政治を変えられる」として、民進党などとの共闘を推進する決意を強調。一方、「資本主義の矛盾を乗り越え、共産主義社会を目指すのが私たちの立場だ」と述べ、共産主義の旗を降ろさない姿勢を明確にした。 志位氏は「格差と貧困の拡大は、利潤第一主義の資本主義では根本的には解決できない」と指摘。その上で「発達した資本主義国から共産主義に向かって踏み出した経験を人類は持っていない。若い世代がチャレンジャーになってほしい」と語った。 ロシア革命を称賛平成28年 日本共産党と「破壊活動防止法」に関する質問主意書日本共産党は、現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である。警察庁としては、現在においても、御指摘の日本共産党の「いわゆる敵の出方論」に立った「暴力革命の方針」に変更はないものと認識している。夢を語るだけなら小学生でも出来ます。問題なのは、それを実現するために何をやるのか、その詳細を説明しているかどうかです。主張の内容よりも、実現できるかどうかの方が重要です。実現できなければ、どんな主張も意味がありません。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません