日蓮大聖人と私 日蓮正宗の前法主と現法主の人の所に相承箱

日蓮大聖人と私 日蓮正宗の前法主と現法主の人の所に相承箱。相承追い返し事件相承箱について以前にkankichiさんからお習いしたことをもとに紹介させて頂きます。日蓮正宗の前法主と現法主の人の所に相承箱がないという話を伺ったのですが、一体今現在相承箱はどこにあるのでしょうか 阿部日顕への公開質問状七〇項目。一。先に私は。日淳法主から日達法主への血脈相承の儀式を実例に挙げつつ。「
『御相承箱』の外見を何らかの形でまた。昭和五十三年四月十五日以前に。日
顕が日達法主と「師弟の契約」を結んだと言うのならば。昭和五十三年二月
ましてや表装後の軸の付いた御形木御本尊のすべてを。「お清め」のために丑寅
勤行の御宝前に供えることなど。絶対に有り得ない話その場合。現法主の早瀬
日如も「本尊の体」を所持しているはずだから。「本尊の体」が二つあることに
なる。日蓮大聖人と私。しかし返還も取り壊しも一切しないのであり。〝坊主の寝床?は謗法者からの
寄進でもかまわないのか。 何ゆえここまでの物?では無い。日蓮正宗の法脈が
日顕のニセ相承で滅尽した今は。学会が日蓮大聖人の仏法の後継者であり。広義
の僧宝である。原田 前回は。日顕のやつが台湾のメディアから糾弾の集中砲火
を浴びているという話が出た。 杉山 他の新聞仮に前法主の病気などの緊急の
場合には。宗門では「略式相承」という方式もある。日達上人への相

日蓮正宗公式サイト。以来今日まで。日蓮大聖人の仏法は。唯授一人ゆいじゅいちにんの血脈相承
けちみゃくそうじょうによって。 一器の水を一器に瀉うつすように法灯
連綿として。現法主?第68世日如上人にちにょしょうにんに受け継がれ
ています。, 正慶年, 月, 第三祖日目上人 法を日道上人へ付嘱する
, 正慶年, 月日, 日目上日蓮正宗は。平成年月。日蓮
正宗の信条に従わない創価学会を破門し。信徒組織を法華講に統一しました。
破門の経緯や資料編。現在,第一次宗門問題以後に日蓮正宗から分離した細井日達前法主系の僧 信集団
であるの派生形態である法主=日蓮代理説血脈相承説に関して,現法主の血脈
断絶を主張し脈相承が断絶したという日蓮正宗では全く想定もしていない事態
が生じたの本写本年代不明,日俊-本があり,次いで日眼の「五人所

第四項。このことを知っている人を如来とも聖人とも悟とも言い。知らない人を凡夫とも
衆生とも迷いとも言うのである。中略必ず仏に対するように法華経の行者=
三類を呼び起こして妙法を広めた人。を敬わなければならない。という経文で
大聖人。日興上人の血脈相承の正義が。歴代上人を通じて現法主に至っている
ことは明らかではないですか。次に。日亨上人の記録によって『百六箇抄』『
産湯相承事』『御本尊七箇之相承』『寿量品文底大事』は「日蓮正宗の相承相
承箱の日蓮正宗管長事件。[] 以上のとおり。被告日蓮正宗における法主は。その地位に就くと。当然。管長
及び代表役員に就任し。また。総本山大石寺[]二 また。右のとおり前法主
日達上人の生前に相承がなされた事実はないのであるから。このような場合には
。次期しかし。法主の地位は高度に宗教上の地位であるうえ。その地位の存否
についての判断は。「血脈相承」という高度に月に総別の付嘱状により宗祖の
血脈を相承して。三祖日目上人。日道上人。日行上人と順次に伝えて現法主に
至る。

坂井。本書にえがかれた荒木清勇英一は。日蓮正宗の総講頭として活躍した人で。
生れが長州萩であったことから。これが事実だとすると。その伝手は荒木以外
にないのではなかろうか。この①②の偽書をセットで『二箇相承書』というが
。これが真っ赤な偽書であることは。先の日興自筆『日蓮坂井氏は。日目上人
から大石寺を嗣いだ第四世法主は日道上人ではなく。私も高木氏の生前。
『法華経和歌集成』の構成についていろいろとお話をうかがった。日蓮正宗の前法主と現法主の人の所に相承箱がないという話をの画像。<御相承箱の所在について>。日達上人はかなり以前から。大宣寺の菅野尊能師に相承箱を預けていたと
いいます」『法主詐称』御相承箱が「日顕上人の手元にないという」
などと。御相承箱の所在について。いいかげんな臆説おくせつを伝聞着。
御大事※相承箱御宝蔵へ納65世日淳上人から66世日達上人への御相承
の儀式の記録『大日蓮』昭和34年12月号しかも。その根拠は。ただ「
ある僧侶」とやらおそらくは日蓮正宗から脱落した元僧侶であろうが。それは
僧侶では

相承追い返し事件相承箱について以前にkankichiさんからお習いしたことをもとに紹介させて頂きます。 「相承箱」は日蓮正宗成立の前提ですから、大石寺にあることにしています。 信者さん達も、「日達師から日顕氏への引き継ぎは無かったし『相承箱』も無い」ことは知っていますが、口が裂けても言えません。自身の拠り所を失うことになるからです。 実は相承箱の所在ははっきりしていて、現在は日達師の孫で大宣寺住職の細井玉道氏が守っています。この細井氏は日顕氏の「盗座に協力」はしたものの内心「相承も法主としても認めていない」とのことです。達師の孫ということであれば信憑性が高い話かと思います。このことからも大石寺宗門の成立根拠「血脈相承」は切断?崩壊していることがわかります。 阿部信雄氏日顕氏は早瀬寛氏現?日如氏を連れて大宣寺を襲撃し、相承箱奪還を試みましたが、菅野慈雲氏に早瀬寛は小僧扱いされ、また阿部信雄氏は「御相承を受けられたんですよね?」と詰問され、スゴスゴと大石寺に帰って行ったとのことです。 法主引き継ぎ式に使うこの「相承箱」が手元に無いため、日顕氏から日如氏への「血脈相承」もうやむやのままです。 日蓮正宗は「『相承箱の引き継ぎを絶対条件とした血脈相承』があるから唯一日蓮大聖人の正統な流れ」ということが言えなくなったため、日顕氏を始祖とする「新宗教」という意味で通称「日顕宗」と呼ばれるようになったわけです。>日蓮正宗の相承の内容とは驚く莫れ、『開目抄』にも記述されている善無畏三蔵の法華経の肝心真言に始まり、愛染明王?不動明王?大日如来の真言を計三回、前法主と新法主が印を結んで唱えて、妙法曼荼羅の書き合わせをするものである。その内容は「ノウマクサンマンダボダナン ア ア アンナク サルバボダ キノウ サキシュビヤ ギャギャ ノウサンソバ アラキシャニ サツリダルマ フンダリキャ ソタラン ジャ ウン バン コク バサラ アラキシャマン ウン ソワカ。ナム サツリダルマ フンダリキャ ソタラン三唱。ウン シッチ ジャク ウン 。ナム サツリダルマ フンダリキャ ソタラン三唱。ノウマクサンマンダボダナン カン。ナムサツリダルマ フンダリキャ ソタラン三唱。オン アボキャベイ ロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン。ナム サツリダルマ フンダリキャ ソタラン三唱。」である。>相承箱の中身は、この真言が記された相承書と、石山歴代貫主の名前が載った系譜図だ。この相承箱は達師が生前に娘婿の菅野慈雲の大宣寺に預けて、菅野は阿部信雄の盗座に協力はしたが、相承箱だけは渡さなかった。現在は大宣寺現住職の達師孫の細井玉道が死守している。阿部信雄は?????寛現?早瀬日如を連れて大宣寺を襲撃し、相承箱奪還を試みたが、菅野慈雲に?????寛は小僧扱いされ、阿部信雄は「御相承を受けられたんですよね?」と詰問され、追い返されたらしい。 >何故に阿部信雄は達師を忌み嫌うか?阿部信雄は蓮葉庵系、細井日達上人は富士見庵系という派閥の違いがあるんだが、蓮葉庵系の60世阿部日開阿部信雄の親父は57世日正を熱海に拉致監禁して病死に追い込み、次に登座した58世日柱に種々の難癖を付けたあげく、入れ札で法主の座を追い落とした。そして日開自ら繋ぎとして登座させた59世日亨上人に嫌がらせを仕掛け、嫌?な感じに苛まれた亨師は、一年足らずで下座した。満を持して60世の猊座に上った阿部日開こそが正に法滅の妖怪だが、「あの親にしてこの子あり」とは、良く言ったものだ。 >因みに入れ札を58世日柱上人に入れた達師当時?細井精道は阿部日開の手で京都?平安寺に飛ばされた。達師の運の強さは、この京都時代に要法寺檀徒の豪商の娘を娶った事に現れている。今やパンドラ?「ワカイ」さんの完璧なまでの解説と内容には感服致します。大変に感動しました。創価学会員同志に、此程にまで詳しい方が居られる事にも頼もしく思っています。日顕宗信徒、法華講員さんには、反論出来る程の知識の有る方が存在しないのですね。参りました!!箱はあまり関係ないです。「仏意の承認」と考えるべきです。創価学会員です。日蓮正宗は、相承箱を無かった事にしたいようです。相承箱が見つかれば、相承していない事実が明るみになるので、証拠隠滅しているでしょうね。いずれにしても、日顕や日如はニセ法主だと言う事実は間違いありません。相承箱がないのですから、ニセ法主だと言う事です。日顕さん、から無くなりました。必然的に日如さんも無いのです。達師ゆかりの寺にあるはず。箱の中には口伝相承の事が書かれている紙切れが入っているんだってさ。身延の本尊が?↓日蓮大聖人直筆、臨滅度時の大曼荼羅の版木本尊が気持ち悪いんですね?日蓮正宗でありながら日蓮正宗の言う謗法とやらの二重信仰で吐き気がしたのではありませんか?お大事になさいませ。私は日如さんの誤字曼荼羅の方が気持ち悪くなりましたよ。ひどい話箱と言っても中身は無いと思いますが????でも、この前のともりんが見せてくれた身延の御本尊を見た時「あ、これ間違ってるわ」一発で分かりましたねあんなものを本尊として祀るなんて相承されていない証拠ですね御本尊が可哀そうですそうなると箱の中身が有ると思いたくなるんですが、多分、オカルト過ぎるような内容が書かれていて公表出来ないような中身だったりするかも???マエダやカルガモは答えないが、その人は何の目的でいつまで箱を渡さないんだろ?死んだらだれかに渡すんだろうが『正しい法主』が生まれるまでなのか?なにが評価基準かもわからないしそんな箱は元々存在しないのだろうね。そして、戸田城聖が池田大作に「後はお前に任せた」と遺言したという話も、証拠が無いのだそうだ。どちらも同じ穴の狢のようだ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません