硬式空手道の特徴 フルコン空手のルール 勝敗の 質問です

硬式空手道の特徴 フルコン空手のルール 勝敗の 質問です。文字上だと場面のイメージが想定しにくいですが、ポイントが2つあるかと思います。フルコン空手のルール 勝敗の 質問です
フルコン空手の試合で 目にする
時間終了間際の 回転胴回し蹴り ですが
時間終了と同時に繰り出される 回転胴回し蹴りを出す(A者)
(B者)瞬時に 後方へさがりつつ 回転中のA者へ
下段の蹴りを繰り出しクリーンヒット KOとなった場合 (故意 故意でなくたまたま放った蹴り )
B者は 勝利になるのでしょうか

時間終了との兼ね合い、 ルール上の問題
ありますが、 回答お願いします

極真での フィリョ vs アンディフグの
試合が思い出されます「フルコンタクト空手」ってどんなもの。沖縄を中心に栄えた空手ですが。当時はまだフルコンタクトは存在しておらず。
「寸止めルール」が一般的でした。フルコンタクト空手といえば極真」を
イメージするのですが。必ずしも極真空手だけで行われている訳ではありません
。勝敗が決まらなかった場合は。主審名と副審名による判定となります。 「
技の

空手とは。入部案内よくある質問ギャラリー空手とは? 皆さん。「空手」ってどんな
ものかご存知ですか?知らない人もいるかもしれないのですごく簡単に言うと。
手や足を使って相手にパンチ②相手と戦いポイントで勝敗を競う「組手」の
試合。を重視しますが。両者の違いを挙げるとするならば。組手の試合ルール
。すなわち寸極め フルコンタクト打撃を思いっきり当てるではないでしょ
うか。フルコンタクト空手空手は2種類。空手は。格闘技の中でも競技の種類が豊富なスポーツです。空手は伝統派空手
空手の種類はものすごく多いのですが。極真空手などフルコンタクトルールで行
われる空手も源流は伝統派空手です。 これらにそのため。フルコンタクト空手
と比べると勝敗が分かりにくいところはあります。スポジョバについて ご
利用ガイド利用規約よくあるご質問サイトマップ求??覧記事一覧
お知らせ

フルコンタクトルール。道場生のページ全体昇級?昇段 審査会港南チャレンジ支部内試合港南
瓦版道場新聞よくある質問フルコンタクトルール国際空手道連盟
?フルコンタクト試合規則2相手を倒すというフルコンタクト空手の
特性を活かしながら。より実戦に近い形式で試合を行い。極真空手の独自性を
確立する。組手と勝敗 1組手は原則として試合分間予選は分とする
。 延長戦は同じく分間とする。 2組手の勝者は。連続しての押しは反則です
。》フルコン空手のルール。いずれかを含む。フルコン空手のルール 勝敗の 質問ですフルコン空手硬式空手道の特徴。異なった競技団体。ノンコンタクト空手。フルコンタクト空手。防具付空手に
加え。その他の武道格闘技。日本拳法。場合はそれぞれに「赤。技有り」?白。
技有り?を与え。加点するところがノンコンタクトルールとの大きな違いです。

フルコン空手のルール。

文字上だと場面のイメージが想定しにくいですが、ポイントが2つあるかと思います。1.A者の回転胴廻し蹴りが 背中が着いて蹴り終わっていたかどうか。2.主審の「止め」のタイミング時に B者が下段蹴りの動作が止められない状態に入っていたかどうか。まず1の場合、ルール上で床に倒れた相手に攻撃を当てて良い団体であれば、主審の「止め」の号令前であれば当然B者の勝ちです。時間内でも床に倒れた相手への攻撃が許されなかったり「下突き下段払いによる決め?残心まで」となっているルール下でA者の回転胴廻しが蹴り終わった状態でB者が下段を蹴り込んだのであればB者の反則が取られますが、A者が回転胴廻しの攻撃中にB者の下段蹴りが当たったのであれば文句なしにB者の勝ちです。次いで2の場合ですが、2が一番の争点かと考えます。団体のルール?カラーにもよりますが、どの団体も主審の「止め」の号令で試合が止められるかと思われます。「止め」の号令の後の攻撃であれば原則反則を取られますが、B 者が「止め」の際に既に下段蹴りの膝を開き出して「止められない」と判断されれば有効とみなされます。一瞬でも厳格に線引きする団体なら反則でしょうけど「止め」の瞬間に膝がまだ開いていないなら、概ね反則となります。なので、回答としては2が有効な範囲で1が有効かどうかになります。繰り返しになりますが、団体のルール?カラーによっては異なります。尚、極真会館世界大会でのフランシスコフィリオVSアンディフグのケースは、上述の2のケースが争点であの時は主審の「止め」のタイミングでフィリオの上段廻し蹴りの膝が開き出して止められないタイミングだったため有効と判断されました。他競技や外部団体の方が理解しておらずに誤解が多かったのは、極真会館ルールでは副審の笛が鳴っても試合は止まっておらず、主審の「止め」の号令で初めて試合が止まるという点です。このため試合や動画を観ても「笛が鳴ってるのにフィリオが蹴ったので反則」と勘違いしてしまった人が多かった様です。実際に極真会館内部ではあの試合に異論を唱える人は、今でも少ないです。フグのガードが「止め」の前に動いていますが、全く蹴りの軌道に間に合っていませんでしたし。惜しむらくは、主審が「止め」の号令だけでなく手や体で割って入っていたら、という点くらいでしょうか。なにかとフィリオVSフグは最後の場面のみ論じられますが、それまでの経過でフグの有効打が全く無く、フィリオがフグの後ろ廻しやカカト落としにカウンターの前蹴り?横蹴りを合わせまくって複数回に渡って転倒させており、あのまま終わってもフィリオの判定勝ちは動かない状況でした。あの試合は、フィリオの判定勝ちだったのか一本勝ちだったのかという違いだけですね。私はフルコン空手をしています。時々、審判をさせられます。極真ではないので、極真が違ったら申し訳ないですが。時間終了と同時に出された技で倒した場合は倒した方が勝ちです。仮にAの胴回しが当たってBが倒れていればAの勝ちです。少しでも終了時間よりも遅ければ無効ですが、主審の判断に委ねられる事が多いと思います。ご質問の場合はBの勝ちになると思います。Aの胴回しは終了と同時なので。終了後ならばBの反則になると思いますが、そこも主審の判定に委ねられると思います。ただ通常、いきなり繰り出される胴回しは受ける事は少なく、よける事が多いので胴回しを蹴ってきた者に対してカウンターで攻撃を返すのは至難の業です。今から出してくるっていうのがわかったのでもない限り瞬時に後方に下がってとありますが、下がった瞬間には相手の体は床に着いていると思います。フルコンの場合は胴回しはよけて、地面に倒れた相手に下段突きからの残身を取ればポイントになりますので、あえて空中で回ってる相手を突いたり蹴ったりする必要はないと思いますし、やる選手もいないと思います。フグ対フィリオの例を出されていますが、あの場合は試合終了後にフィリオの蹴った上段でフグが倒されていますが、私の記憶では大山総裁が倒されたフグが受けられなかったのが悪いという裁定をされて、フィリオの一本勝ちになったと思います。私も総裁の裁定で武道という観点からすれば間違いはないと思います。ただ、現在の試合判定なら無効になっていたかもしれません。Bの勝ちです。同時に行われたカウンターなので。流派によって、終了後の攻撃は認めないとしているところでは、その蹴りは無効です

コメントを残す

メールアドレスは公開されません