管理職の労働時間?休日について 労働基準法41条はストラ

管理職の労働時間?休日について 労働基準法41条はストラ。農業、水産業および管理監督者に対して労基法の基準が一部適用されないというものですが、これはその内容が基準になじまないことを理由としています。労働基準法41条はストライキを防ぐためにあるのですか
ストライキすると管理職がかわいそうだと思ってしまう

https://elaws e gov go jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail l awId=322AC0000000049

第一章 総則

(労働条件の原則)

第一条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない

○2 この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない

第四十一条 この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない
一 別表第一第六号(林業を除く )又は第七号に掲げる事業に従事する者
二 事業の種類にかかわらず監督若しくは★管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
三 監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの
労働基準法とは――改正のポイントや違反につながるNG例をわかり。労働基準法とは。労働条件に関する「最低限の基準」を定めた法律です。
さらに。労働基準法第条で規定される以下種類の労働者は。法定労働時間や
休憩?休日の規制適用対象外です。職務?権限?出退勤の時刻に自由な権限が
あるか。地位にふさわしい賃金が支給されているかなどで総合的に判断されます
。解決制度改正育児介護休業法改正不正競争防止法春闘労働者派遣法
高年齢者雇用安定法時短促進法協定サービス残業ストライキ

管理職の労働時間?休日について。管理職の労働時間?休日について 労働時間?休日?休暇 – 管理職の労働時間
?休日について 質問です労働基準法第条第号では。「事業の種類に
かかわらず監督若しくは管理の地位にある者管理監督者又は機密の長時間
労働による心身の健康被害の発生を未然に防ぐためには。労働時間の的確な把握
?管理と。適切な健康管理が必要であることにかわりはありません。

農業、水産業および管理監督者に対して労基法の基準が一部適用されないというものですが、これはその内容が基準になじまないことを理由としています。たとえば農業では季節?気候を相手にしていますのでそれによって労働内容を変更せざるを得ません。管理監督者は労働基準の適用を受けませんが、それらをコントロールする立場にあることがその理由です。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません