素数の神秘 何故素数は無限に存在するのに素数が無限に存在

素数の神秘 何故素数は無限に存在するのに素数が無限に存在。回答させていただきます。何故、素数は無限に存在するのに素数が無限に存在しない区間が作れるのですか 素数の神秘。素数定理とは。 πx~x/logx x→∞ というものです。ここで。π
xは任意の整数xを越えない素数の個数をです。1/logxが1からx
までの平均的な素数の密度と考えられますが。これをxの近くの素数の密度と
考え。区間[1,x]を小区間に区切って積分してみます。素数が無限に存在
すること?√2が無理数であることは。ギリシア数学のなかでも有名な定理です
。素数が無限にあることの美しい証明。素数たちから,より大きい素数を構成することで矛盾を導きます。 証明 素数が
有限個しかないと仮定する。その有限個の素数全体を

素数の無限性は証明されているのに。素数の無限性は証明されているのに。フェルマー素数が無限か有限か分からない
のは。なぜですか? フェルマー素数はそれ以前素数が重要なのは何故ですか?
閲覧数回例えば の時。区間には万個の自然数があり。もしその中に素数
が個もなかったら逆に不自然でしょう。 この素数分布のは有理数で。自然数
について。を二回以上割り切るような素数は存在しないとする。ここで。無理数

回答させていただきます。素数が存在しない区間は任意の長さで作ることができます。素数が存在しない区間を無限にすることはできません。素数が存在しない区間はなぜ現れるのか、それは素数自身が合成数を作る元となっているからです。この合成数を作る元となっている「素数自身」は一回現れたら消えることなく次に現れる合成数の素因子になり続けていきます。このように素数が合成数の素因子として一回現れたらもう2度と休むことなく何らかの合成数の素因子となり続ける性質があるので素数が存在しない区間も出現するのです。何故、素数は無限に存在するのに素数が無限に存在しない区間が作れるのですか? →ご質問の「素数が無限に存在しない区間」とは何でしょう?「無限には存在しない」でしょうか?そうであれば「有限になら存在する」ですから、それならいくらでもありますね。以上ご回答いただけば考えます。作れませんよ。いくらでも長い有限の区間なら作れますが。無限の定義にもよりますが「いかなる値を定めても次の値がある状態」を無限とするならヒルベルトの無限ホテルのパラドックスの一種です論理的?数学的には正しいが、直観に反するパラドックス類似のパラドックスとしては「チャンパーノウン定数は任意の数列を包括する」0.12345678910111213…のように小数点以下が自然数を1から小さい順に並べた十進小数表示をもつ実数はその表記の作り方から十進法で表記される数列ならπの数列314159…や√2の数列14142…を任意の桁いかなる値を定めても次の値がある状態で包括する→任意の無限集合は可算無限集合を部分集合に持つ

コメントを残す

メールアドレスは公開されません