韓国人に似てると 韓国人か韓国に詳しい方にお聞きしたいん

韓国人に似てると 韓国人か韓国に詳しい方にお聞きしたいん。国際常識では国内法より国際条約が優先されます。韓国人か韓国に詳しい方にお聞きしたいんですが‥

自分の属する集団の意思決定機関が決めてしまったことはそこに不満でも受け入れて集団の中の個人の役割を果たし、そこに間違いがあるなら自 国の政府に責任を取らせるのが封建制度を経験した国家群(ヨーロッパと日本)だと思いますが、韓国の場合そのへんの感覚はどうなんでしょうか

どうも、最近の日韓の対立を見てると、根本的に価値観が違うとしか思えないんですが、そのあり方とそれを正義とする理論を知りたく思います 日本と韓国「家族げんかのよう」。日本?中国?韓国の東洋美術史が専門で。今年外国人叙勲を受けたチューリヒ
大学のハンス?ビャーネ?トムセン教授に。美術史からみたスイス
インフォ。日本。韓国の美術の特徴にはどんな違いがあるのですか。

お尋ねしたいんですが。??? ? ??? 読み方。ヨチョボルケ イッソヨ意訳。ちょっとお尋ねしたいん
ですが。 直訳。お伺いすることがあります。 ????=よく, ?=こと。もと,
~???=~あります 相手に何か質問をしたい時。質問を韓国人に似てると。あのおかしな英語が通じてると思ってるは韓国人だけだよ 比較にも自分の
本籍地で戸籍謄本全部証明を取れば両親のこともわかるのですか?具体的な
方法が見つからず困っています。先にキムチ宗主国主張したの韓国だけどな
。水 そもそも朝鮮という名前も宗主国にお伺いをたて
て日韓関係を考える。市民連合では。様々な方法を通じて。各分野の学識経験者や運動の担い手と対話
し。今の日本政治に何が必要なの […]性があるのかでしょうか。日韓?日朝
関係に詳しい恵泉女学園大学の李泳采先生にお聞きしました。文在寅政権の
誕生も含めて韓国民主主義の歴史やその固有性についてお話伺いたいです。 李。
がそのような韓国における市民運動の独自の歴史的文脈を踏まえたとき
。日本の市民運動の課題や可能性についてお伺いしたいです。 李。いま

国際常識では国内法より国際条約が優先されます。しかし韓国は国際条約より国内法が優先される国なのです。さらにいうなら国内法より国民の情緒が優先される国です。ということは韓国は法治国家ではないとも言えます。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ヤニカスは死ぬべき■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■韓国は近代国家という顔をしていられるのは日本が朝鮮で運用していたシステムをそのまま使っているからです。朝鮮総督府には沢山の朝鮮人が働いていました。併合時代には沢山の公務員がいました。日本は敗戦でそこから抜けましたが、残った朝鮮人の職員が日本がやっていた通り運用しているだけです。李氏朝鮮時代が彼らのレベルであり彼らの実力なんです。今の近代文明は韓国が日本に貰ったものです。崔基鎬という韓国人が書いた「韓国堕落の2000年史」繰り返し読んでいるのですが、彼らは政治なんて考えてなくて、日すら己の権力のために対立派閥を陥れて、証拠を偽造していたか、そしてそれを綿々と繰り返してきたか。そして価値観はもちろん違いますよ。韓国って儒教の国だと知っていますよね? 実は私達が学校で習った儒教は儒教のほんの一部で、日本人にためになる部分だけを抜き出したものなんです。そして儒教にもいろいろな派があって、韓国は朱子学なんです。その点についても崔基鎬は本で書いています。「儒教を取り入れたのが失敗だった」儒教も朱子学も全くの理論学なのでいくらでも相違点を見つけることができた。そしてそれが争いの元になったと。そして正義についても、権力持った人が「正義」を語って自分を正当化する。正義はかざすのは危険だって。韓国は「勝つ事」が正義なんです。勝つためには嘘も利用するし事実も利用する。朝鮮時代に勉学することを許された両班は嘘をついて証拠をねつ造して生き残りをかけて戦っていたのです。ついでに言うと江戸時代に朝鮮通信使が日本に何度も来ていました。沢山勉強してひょっとしたら科挙にも受かっていた昔の外交官ですよね。彼らは礼儀正しかったと思いますか? 彼らは日本で物を盗むのが普通でした。ある時は階段の上から小便をし、女中を乱暴し、接待役の対馬の藩士の顔につばを吐きました。出された食べ物に文句をつけ、その季節に無い食べ物を要求しました。それは朝鮮の朱子学がそうだったからです。朝鮮の朱子学は「上の者は下の者に何をしてもいい」という教えだったからです。彼らは朝鮮でやっているように日本で振舞っただけでしょう。そうやって自分達が上だということを示したのです。朝鮮の朱子学では「労働は賤しい事」「商売は賤しい事」でした。そして中国を大国とあがめて中国以外には眼中になく、ひたすら中国の学問だけを学んでいました。で賤しい労働を両班はしてはいけないので、働いている人の物を奪っていました。1890年ごろに朝鮮を旅した外国人が書いています。「朝鮮には奪う者と奪われる者しかいない」「人々は無気力だ」「朝鮮には何もない」「こんなに沢山の人がいるのに家は土と藁の家ばかりだ」「商業が無い」「隣の日本とあまりにも違う」そういう社会であり国であり民族だったのです。それを日本が魔法をかけるように近代化し近代文明に変えてしまった。でも500年続いた民族性は簡単に変わらないですよね。併合した時に朝鮮には「約束を意味する言葉」がありませんでした。これは有名です。韓国人は500年間、或いは2000年間約束というものがない社会で生きてきたのです。だから韓国人には約束そのものの意味が理解できません。約束が自分達に有利であれば使うし、損をするなら無かったことにする。今近代文明中の中で彼らが生活していることの方が奇跡なんです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません