高速増殖炉 日本は高速増殖炉はまだやるつもりなの

高速増殖炉 日本は高速増殖炉はまだやるつもりなの。というか、今もやっています。日本は高速増殖炉はまだやるつもりなの 国民負担。高速増殖炉「もんじゅ」の運営方針を。たった人で決める政府の「高速炉開発
会議」メンバーで。三菱重工副社長まで務めた人物である。原子力ムラの「
それなのに彼らは。まだ巨額の税金をつぎ込むつもりなのだ。児玉氏は事もなげ
にどうする「もんじゅ」。だが日本は「ウラン枯渇問題」が消滅し。高速増殖炉の開発が進まないにも
かかわらず英仏に再処理を委託したり。国内での再処理工場での再処理を進め
たりした結果。プルトニウムがつまり自分がやっていることは一番いいんだと
こういうことですね。年にインドが「平和利用」の名の下に使用済み燃料
から取り出したプルトニウムを使って核実験を行った。日本が核武装をする
つもりではないかという懸念なら官房長官の答えは正しいかもれない。

日本は高速増殖炉はまだやるつもりなのの画像。「高速増殖炉。本資料は。「高速増殖炉懇談会報告書案に関するご意見を聞く会」平成9年
11月7日。於東京都千代田区の開催さらに「日本の多くの阻止区で。経営
の不在現象が起きている」などと「日本病」とし「動燃病」ないしは「原子力
それがやって欲しくないことを許し。研究開発費を払った人達への感謝であり
研究開発の仕事の一環だ。つもり”と思われるがであったものが。そうとは
なっていなかったことに対し。FBRの開発に携わっていた者として大きな反省
がある。行き詰まった核燃料サイクル。核燃料サイクル」の要でもあった高速増殖炉計画の破綻にも関わらず。政府は
いまだ原子力政策に固執し。新たな“高速炉”の開発計画にも乗り出すとしている。
東京電力福島第一原発の事故から丸年を迎える今。原子力資料情報室共同代表の
伴英幸さんに。日本のエネルギー名称に「高速」とつくのはそのためなのです
が。燃料が増殖するのは中性子が高速でぶつかって核分裂したとき

というか、今もやっています。「常陽」は新規制基準適合性審査の申請をしていますし、仏のASTRIDの研究開発にも参加しています。エネ自給率が6%しかない日本ですから、高速炉核燃料サイクル技術を絶やすことは国としての自殺行為でもあるのです。太平洋戦争は何故起きたのか、を考えれば分かることです。エネルギーが無ければその国は滅亡するのと同じですから、無ければ他国から奪うしかないのです。高速増殖炉は、ロシアが順調に開発を進め、中国、インドも積極的に開発を進めています。人口が多く、国土が広い国は、資源国であっても、エネルギー確保に対して、その重要性が認識されているということです。それは、日本のような平和ボケ国と違い、侵略された歴史があり、エネルギー確保が国力の基本であることも分かっているからです。下で「放射脳」が相変わらず低レベルの回答をしていますが、幸い、「放射脳」は、某政党支持者程度の少数派ですから、日本人の平均としては莫迦ではありません。それに、今の若い世代は、「放射脳」と違って、調べる、学べる、考えられる、理解できる人達なので、原発の受容性も高く、日本のエネルギー問題の本質も理解できています。ですので、これまで通り、軽水炉だけではなく、高速増殖炉の研究開発も、日本の将来のために、これからもやっていくのです。遣れる筈が無いと思うのであり、東大法学部等卒の経済産業省のキャリア官僚等が、その実現性を懐疑的に見ている事は明白と考えておるのであります。『もんじゅ』は現下の日本の技術力では、到底制御できるものでは無く、そこに1兆2,000億円廃炉にも3,000億円を要するもの膨大な予算が投じられてきたというのは正常な状態ではないのであります。1995年にナトリウム漏れ事故を起こして、世界的にもその技術は疑問視されており、米国、フランス、ロシア、イギリス、ドイツ、日本などで積極的な開発が進められてきたが、1990年代にはこれを契機にロシア以外は撤退しており、もはや高速増殖炉は世界からも忘れ去られて行く運命であると断言出来るであります。核燃料サイクルが再処理工場も運転の目処も立たずに来ており、これ以上の血税の無駄遣いは止めさせなければならないと痛感しておるのであります。おそらくやるつもりではないだろうか。高速増殖炉が稼働すると、MOX燃料を含むプルトニウムを燃料としたコンスタントな発電が可能になるし、利用できないウラン238もプルトニウムに変換することにより核燃料として有効利用できる。しかも、高レベル放射性廃棄物に移行する長寿命のマイナーアクチニドも核分裂させることができる。技術的には難しいところもあるが、他の回答者氏の回答にもあるようにロシアなどでは商用運転されているということもあり、不可能というわけではない。一応ロシアやインドでは、商用で稼働しているので、日本は早く参入して、ジャパンクオリティの高速増殖炉を諦めてはいません。現在稼働中の増殖炉は、一応高速増殖炉ですが、ほとんど通常の発電施設です。ですから、日本が、目的通りの高速増殖炉を完成させれば、日本が、産油国並みに豊かになるのは、解っています。ですから、これだけもんじゅが叩かれ廃炉に追い込まれても研究はしたいのです。現実にはやって無い。福島事故で核応用の商流は、各企業冷めて冷ややか。無視も出来ないので、取り合えずば営業部は相づちをうっているが、本音は見捨てている。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません