魂の修行022 天国は苦しみや不安が一つもないのですか

魂の修行022 天国は苦しみや不安が一つもないのですか。はい、ほとんどないので、ぬるま湯に浸かっているような状態で、霊魂の進歩?向上?修行?経験に繋がらないので、この世とあの世で輪廻転生を繰り返し、良い事も悪い事も経験する必要があるのです。天国は苦しみや不安が一つもないのですか イベントレポート黒宮れい初著書発売記念イベント。イベントレポート黒宮れい初著書発売記念イベント開催「これからも一緒に
天国も地獄も見ようね」 株式会社みんなの悩みや苦しみがこの本で少しでも
ラクになれればいいなって思っています。。この本をどんな方に読んで
もらいたいですか?黒宮さん では作詞をメインにやっていますが。
ハッピーな曲はひとつもないんです。世の中に。本の中で。赤裸々にご自身
のことを書かれていますが。不安に思うことはありませんでしたか?天国は苦しみや不安が一つもないのですかはいほとんどな。天国は苦しみや不安が一つもないのですか?アホのキリスト教徒は全く聖書を
読まずに天国を勝手に妄想して言ってるので。全く信用できません。マタイ
福音書11/12-を読んでください。そこには天国その物が襲われ奪

辛くて苦しいときにまずすること苦しさのメリットと即効性の。人が心を苦しめることは一つも悪いものではなくて。その経験はその人にとって
。そしてそのまた誰か他の人にとっても。貴重な酸素はこの世の中に無限に
存在し。いくら吸っても誰にも文句も言われないですし。ましてや課金などされ
るわけもありません。苦しみを感じるたびに。目の前の問題床に落ちる雫
ではなく。自分の心の中の屋根の裂け目根本原因を探すことに意識苦しい
ときは。怒りや不安にかられ。不要なこと延々と考えてしまいます。魂の修行022。いわゆる「天国」という場所では。魂が新たなことを学ぶのには。「限界」が
あるんじゃないでしょうか?受けた痛みや苦しみ。心の不安や苛立ちを。
そのまま外に出してしまえばいいだけですから。いいですか? どうしようも
ないものは。この世からなくなることは決してないんです。 こんな世の中
においても。自分の魂はしっかり※記事あたり円程度 紺野うみが。主
にで発信してきた言葉たちの中から。過去のツイートを拾い上げて。それ

恵み深い聖書の言葉。神様によって喜びが満たされる人は。自分の生涯についてくよくよと思わないで
。思い残さずに生きることが出来ると書かれています。そのような人の特徴を
みてみましょう。 一番目は。楽しむ人生です。今。与えられている富や5月の詩。愚痴や文句言ってもいい事ひとつもないってわかってるから マリンママは思って
なくても天国言葉を言ってます? でも不思議?? 天国言葉言っ勿論。損した
こと大変なことや不安なことはありますよ???。 でも。そのことを思う前に
コロナのお蔭ですご~い身体を休めてるじゃん! 早く起きなくても8時半頃
笑顔の時って我慢や苦しみないんだよね~? 気楽に自分のペースで顔

自殺をすれば死後もっと苦しみます。前世の記憶が残っていたり。天国の存在がハッキリあれば偽善をしてしまったり
して修行にならないからワザと未知の世界にしているんです。この世に最悪は
存在しません^-^不安になる必要はないのです』実はこの世で「最悪」
なんて事は存在しないんです。無駄な事なんて一つもありませんイベントレポート黒宮れい初著書発売記念。イベントレポート黒宮れい初著書発売記念イベント開催「これからも一緒に
天国も地獄も見ようね」 年みんなの悩みや苦しみがこの本で少しでも
ラクになれればいいなって思っています。 撮影。。この本をどんな方に
読んでもらいたいですか?黒宮さん では作詞をメインにやってい
ますが。ハッピーな曲はひとつもないんです。。本の中で。赤裸々にご自身
のことを書かれていますが。不安に思うことはありませんでしたか?

はい、ほとんどないので、ぬるま湯に浸かっているような状態で、霊魂の進歩?向上?修行?経験に繋がらないので、この世とあの世で輪廻転生を繰り返し、良い事も悪い事も経験する必要があるのです。人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ちるという事ですね。 天網天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。 付け加えて、この世での経験や思いや行いなど以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで苦しみ漂い続けます。それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性?才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。これらを世のため人々の幸福のためなどに善用した人々は霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。 生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖?先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。はい、そうです。愛 = 尊 敬 労 慈「 全ての人を 」 ーー尊敬するーー尊び?敬い?労り?慈しむ。とうとしい そんする そんしい敬々 うやうやしいく振る舞う。ーーーーーーーーーーーーーーーーなにかの優劣ではなく、無条件で、愛しい 人 存在 = 尊敬する 人 存在アホのキリスト教徒は全く聖書を読まずに「天国」を勝手に妄想して言ってるので、全く信用できません。マタイ福音書11/12-を読んでください。そこには「天国」その物が襲われ奪われそうになってると書かれています。まさに今のキリスト教の「天国」その物です。天国がどういう世界であるか聖書にはあまり書かれていませんが、仏説阿弥陀経には極楽浄土の情景が詳細に書かれています。また、仏説無量寿経には極楽浄土には悪道がなく、さまざまな苦しみもないと書かれています。クリスチャンは口をそろえてそう言ってますね。良い所ではありませんか。回答する奴はみんな嘘つき野郎です。 誰も言った事ありませんから

コメントを残す

メールアドレスは公開されません