Feature 福島原発は地震でいったん緊急停止させたの

Feature 福島原発は地震でいったん緊急停止させたの。いいえ、そのようなたとえで言うなら、消火にいたらないので冷やし続けなければならないのです。福島原発は地震でいったん緊急停止させたのにそのあとの崩壊熱を制御できなかったから事故になりました でもよく考えるとうまく使えば便利じゃないですか 消火したのに冷やし続ければならないんですよね それを逆手にとり、崩壊熱を発電に利用したら燃料代ゼロじゃないですか なぜ。東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故により。福島県では甚大な
原子力災害が発生しました。日本の観測史上最大のマグニチュード90の巨大
地震に見舞われ。発電所は震度6強を感知。さらに。想定していた最高原子炉
の圧力容器や格納容器の冷却が不可能となり。炉心が損傷。燃料も溶融。1号機
。3号機。停止中の4号機が水素爆発を起こし冷却水を送り込めなくなった
圧力容器内では。その後も核分裂生成物の崩壊が継続し。その際に発生する膨大
な熱により

Feature。福島中央テレビが捉え。分後に放送したその映像は。福島原発から吹き上がる
報道された緊急時環境線量情報予測システムに関する問題を助長した
家たちは。当初のシステムについて知らず。その後は。そのデータを
ベクレルとは。放射性崩壊イベントが秒あたり回起こることを意味する。福島原発事故後の対応?事故?発言。/ 地震大国トルコでも安倍総理が原発セールス「世界で最も高い安全基準を
満たす技術でトルコに協力したい」と発言。 / 核拡散/ 福島第一原発を
視察した安倍総理は現地でも作業員を背にして「全てコントロールされている」
とさらに発言。月日 汚染水処理設備「多核種除去設備ALPS」が。
トラブルで停止。 月日その後。田中俊一原発規制委員会委員長は「安全だ
ということは私は申し上げない」と発言。/ 緊急講演 福島原発事故の影響
は今!

環境省。福島第一原発事故の状況地震発生直後。運転中であった東京電力福島第一
原子力発電所の1~3号機は全ての原子炉が自動停止しました。 停止後の
プラントにおいても。炉心の燃料の崩壊熱を冷却する必要があります。しかし
。その後の津波の襲来を受けて。起動した非常用ディーゼル発電機や配電盤等が
被水?冠水し。6号機を除き全ての交流電源が喪失すると共に。冷却用の海水
ポンプも

いいえ、そのようなたとえで言うなら、消火にいたらないので冷やし続けなければならないのです。すでに火がついてるというだけですので、燃料は必要ですし、それを調達するための費用は必要です。今は臨界状態ではなく冷却水を蒸気に変えてタービンを回すほどの熱量を回収は出来ないのです回収してコンプレッサーで熱を集めたとしてもコストがかかるだけです。むしろマイナスでしょう崩壊熱が制御出来なかったのは結果。地震で外部電源がなくなり、津波で施設が破壊されたので結果制御不能。 格納容器自体も地震でクラックが入り壊れた事も否定出来ない。そんな、設備が崩壊熱を利用するのは無理。津波は地震によって引き起こされた。原発は地震に弱い。放射性崩壊という現象を理解していないことがよくわかる質問ですね。一応、その様な案も検討されはしました。熱電変換方式の原子力電池など特殊な分野で実用化もされています。ただ、発電に利用するには、あまりに急速に冷えていき、通常であれば1日~2日で100度以下になってしまいます。数年も放置していれば、空気で冷却できる程度にまで冷めてしまい、せいぜい暖房としてしか使用できません。蒸気で、タービン回す程に熱を加えなければ発電に役立ちません。ただ熱が出れば良いのではありません。原子力電池ってのが過去にはありました。深宇宙用の探査衛星なんかに使われてたかと。核燃料の崩壊熱のことですね。日本の軽水炉で使われている核燃料はジルコニウム合金で作られた『鞘』の中に入っています。このジルコニウムが変形しないように、原発では300℃程度で運用されています。 この運用中の核燃料に制御棒を挿入し、核分裂を停止させると『崩壊熱』が出てきますが、これは核分裂で出される熱の7%ほどになります。 原発では発電した電気に5%が『所内電力』として消費されるそうです。 7%の熱出力では7%の発電は出来ないので、やはり『崩壊熱』での発電は無理だと思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません