tarc8 YはXに反比例しxの値が2から4まで増加する

tarc8 YはXに反比例しxの値が2から4まで増加する。①a/4が何故=-2なのかが分かりません、2づつ減少するのでy-2=-a/4にはならないのでしょうか。YはXに反比例し、xの値が2から4まで増加する時、yの値は2減少します xの変域を5≦x≦7とするときyの変域を不等号を使って表しなさい という問いで x=の時y=a/2 x=4のの時、y=a/4 yは2減少するからa/4-a/2=2 これを解いてa=8 従ってy=8/x とあったのですが、 ①a/4-a/2は通分してa/4-2a/4=-2aではないのですか ②この式から-8に至るまでの過程がわかりません 何方か教えてください「反比例の式」。は に反比例し…」「 = の“y=12のときの x の値を求めなさい” が
分かりえっ?反比例の式って “y=a/x 分の ”ではないの?」 と思っ
た中学生もいるでしょう。 でもそんな皆さんは。yはxに反比例するから。
比例定数をaとすると。 a y=—– x この式に。x=8 y=-3を代入すると
a -3=—-124の式だけで答えを出すこともできます。
テスト

tarc8。{} がの乗に比例し, の値がからまで増加するとき, 変化の割合がと
なる関数の式を求めなさい。 関数=^{} で, の変域-/ / のとき,
の変域-/ / です。 の値を求めなさい。比例?反比例。がに比例するとき =は定数 とおける. =のとき,=であるから
=× = したがって =…答例題2 がに反比例し,=のとき
=である。=のときのの値を求めよ。 山口県年入試問題 解答
がに反比例の関係 で,の値がからまで変わるときの変化の割合を求め
なさい。初めの点を, ,後の点を, とし,グラフを上図のように
階段状に切ったとき,の増加量は「横」の長さ,の増加量は「縦」の長さに
なります.

①a/4が何故=-2なのかが分かりません、2づつ減少するのでy-2=-a/4にはならないのでしょうか?>第1に、文字がふたつあると分かりづらいですよね。なので普通、文字がひとつになるように工夫します。よく見ると、y-2=-a/4のyを抜けば-2=-a/4になります。不思議ですね。右辺から見ていきます。右辺はxの増加量を表します。xが2から4に増えるといっているのと同じです。なら増加量は2ではないかと思いますよね?反比例はそこが難しいところです。y=a/xという反比例の式に2と4を代入するとy=a/2 y=a/4という式ができます。ここで、xの増加量を調べるのです。a/2からa/4に増えているので引けば増えている量がわかりますね。a/4-a/2=-a/4これがxの増加量です。ここで右辺の数字と一致したことから右辺はxの増加量を表すことが証明されたと思います。左辺ですね次は、-2というのはyの値が2減ってるよーということを表します。y-2と表現できますがaとyが混ざって訳分からなくなるのであえてyは使わず-2と減っていることだけを示します。なので左辺は-2です。②何故a/4-a/2という式になるのかが分かりません>これは先程の過程に出てきましたが、xの増加量を求める式です。xの増加量を求めるにあたり自然に出てくる式がそれですね。先程の説明をきちんと読めていればこれは分かっているはずです。日本語を数学語に変換する基礎知識を覚えてね!① YはXに反比例する→xy=a→y=a/x② 、xの値が2から4まで増加するx=2→44-2=2③ yの値は2減少します。y=a/2→a/4a/4-a/2=-2a/2-a/4 =2 となる!分かりにくいから表にする!x.………2……………4…………y………a/2…………a/4……a/2-a/4=22a-a/4=2a=8x.………2……………4…………y………4………………2……となる!y=8/xxの変域を5≦x≦7とするときyの変域を求める!x.………5………….…7…………y………8/5…………8/7……8/7≦y≦8/5間違っても8/5≦y≦8/7としない事!反比例の式は、y=a/x。または、左の式から、xy=axとyの積がいつもa。だから、x、yのどちらかが増えれば、もう一方は減る。また仮にxが4のときには、上の式に代入して、yはa/4になる。x=2のとき、y=a/2x=4のとき、y=a/4yは2減っているのだから、a/4-a/2=-2両辺に4をかけて、a-2a=-8-a=-8a=8y=8/x上の「yは2減少するからa/4-a/2=2」は写し間違ってはいませんか。「a/2-a/4=2」なら合っていますが。x=5のとき、y=8/5x=7のとき、y=8/7yの変域は、8/7≦y≦8/5①a/4-a/2=a/4-2a/4=-a/4…通分しても分母は消えません。等式として、-a/4=-2の両辺に4をかけるのであれば、a=8と分母は消えます。②は、上の解き方を参照してください。①a/4-a/2は通分してa/4-2a/4=a-2a/4=-a/4 になります。解いてみます反比例の式を、y=a/xとおくx=2のときy=a/2x=4のときy=a/4xの値が2から4まで増加するときxの増加量=a/4-a/2=-a/4yの値は2減少するので-a/4=-2より-a=-8a=8よって、反比例の式はy=8/xになる②y=8/xは、x>0の範囲ではxが増加すれば、yの値は減少するのでx=5のとき最大値y=8/5を取るx=7のとき最小値y=8/7を取るのでyの変域は8/7≦y≦8/5 になります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません