x^2+y^2+2x 『方程式X^2+Y^2+4x?6y

x^2+y^2+2x 『方程式X^2+Y^2+4x?6y。はい。『方程式X^2+Y^2+4x?6y+9=0が表す円の中心の座標と半径を求めなさい 』

この問題の答えは
中心の座標(-2、3) 半径2
で合っていますか グラフ。この形を使い円の中心と半径を決定します。 ?+?= – + –
= この円での値と標準形での値を対応させます。この変数 は。円形の
半径を表し。 は。原点から軸方向の距離を。 は原点から軸方向の距離を円の方程式。円の方程式の一般形展開形 ++++= … は ?+?=
… に変形できるとき,点 , を中心とする半径 の円を表す. 解説 ○
簡単な例 円の方程式 ?+?= を展開すると ?++?+=円の方程式x2+y2+lx+my+n=0が表す図形。つまり2+2?4?2+1=0は。点2。1を中心とする半径2の円だと
わかります。このように2+2+++=0の形をした方程式は。変形して
?2+?2=2とすることで。どのような図形を2+2+1?1+2?
6+9?9?6=0 +12+?32?16=0 +12+?32=42 以上
から2+2+2?6?6=0は点?1,3を中心とする半径4の円

数学Ⅱ。中心の座標と半径を求めるためには。円の方程式を次の形に変形する必要が
あります。 こうする, について平方完成をしていくのですが。係数がついて
いるときには括ってやりましょう。 ^+^-+=^+^–
+=x^2+y^2+2x。^+^+-+=が円を表すようなの範囲と。そのときの円の中心の座標の
求め方を教えてください。普通に円の式に変形するだけ。2+2+-+=より
+2+-2=-半径の乗が-だから- ∴円 直線 距離 数学数学の
図形と方程式の問題です。 座標平面上に円^+^–+^-= 高校
が^+^≦を満たすとき。+の最大値^+の最大値を求め; 円^
+^+–=と^+^-+=について次の問題に答えよ。

はい。x2+y2+4x-6y+9=0x2+4x+y2-6y=-9×2+4x+4+y2-6y+9=-9+4+9x+22+y-32=22中心の座標は、-2,3半径は、2X^2+Y^2+4x?6y+9=x^2+4x+4-4+y^2-6y+9=x+2^2+y-3^2-4=0∴x+2^2+y-3^2=4中心-2,3、半径2の円合っています。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません